アジャイルメディア・ネットワーク(6573)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日(3月9日)からスタートします。

アジャイルメディア・ネットワークIPOは、小型(吸収金額3.8億円)なマザーズIPOなので、需給面だけでも間違いなく人気化しそうです。

3月後半から4月頭にかけては、小型で人気化しそうなIPOが目白押しですが、アジャイルメディア・ネットワークIPOは、その中でもRPAホールディングスIPOと並んで期待出来そうな銘柄だと思います。

アジャイルメディア・ネットワーク

アジャイルメディア・ネットワーク(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名アジャイルメディア・ネットワーク
コード6573
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)岡三証券
SBI証券
SMBC日興証券
エース証券
極東証券
岡三オンライン証券
マネックス証券
上場日3月28日
仮条件決定日3月7日(2800円~3,000円に決定)
ブックビルディング期間3月9日から3月15日まで
公開価格決定日3月16日(3,000円に決定)
申込期間3月19日から3月23日まで
公募70,000株
売出し54,000株
OA18,600株
吸収金額3.8億円
時価総額17.3億円
想定価格2,640円→公開価格:3,000円
初値価格15,470円

アジャイルメディア・ネットワークIPOの事業内容

アジャイルメディア・ネットワークは、好きな企業、製品、サービスなどについて、自発的にクチコミで推奨するファンを「アンバサダー」と定義し、このアンバサダーの情報発信力や運営ノウハウを活用することで、分析テクノロジー、プロモーション、販売促進活動から商品開発を支援するアンバサダー事業を展開しています。

アンバサダー事業では、ファンの発見・分析・育成する継続プログラム「アンバサダープログラム」、専門的な情報発信者をネットワーク化してコンテンツ制作や魅力の発信を支援する「レビューズ」、メディアやサービス提供事業者との共同事業による付加価値の高いサービスを提供する「アライアンスサービス」の3つのサービスを提供しています。

アジャイルメディア・ネットワークIPOの業績

アジャイルメディア・ネットワークの業績

(※画像クリックで拡大)

アジャイルメディア・ネットワークIPOの業績は概ね好調に推移していて、今後の成長性にも期待がもてそうです。

アジャイルメディア・ネットワークのIPO評価

アジャイルメディア・ネットワークは、VC(ベンチャーキャピタル)保有株が少し気になりますが、とにもかくにも規模(吸収金額3.8億円)が小さくて当選枚数も少ないため、プレミアチケットと言っても過言ではありません。

また、アンバサダー事業も新鮮味があり、業績も好調に推移していることから、かなり注目されそうです。

よって、アジャイルメディア・ネットワークのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。アジャイルメディア・ネットワークIPOは初値高騰間違いなしで、初日値付かずの可能性も高いと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アジャイルメディア・ネットワークIPOのその他情報はこちら

アジャイルメディア・ネットワークIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

アジャイルメディア・ネットワークIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。主幹事のみずほ証券を中心に、ネットから申し込める全ての幹事証券にBBして、少しでも当選確率をアップさせたいと考えています。

アジャイルメディア・ネットワークIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
岡三証券 BB参加
SBI証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
エース証券 口座なし
極東証券 口座なし
岡三オンライン証券 BB参加
マネックス証券 BB参加

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株 ブログランキングへ