アジャイルメディア・ネットワーク(6573)IPOは、「アンバサダープログラム」という新たなマーケティング手法を提供する企業として注目されていて、規模(吸収金額4.3億円)も小さいことから、日増しに期待度が高まっているようです。

アジャイルメディア・ネットワークIPOは、前日に上場するRPAホールディングスIPOと肩を並べる人気ぶりなので、3月末はこの2銘柄を中心に盛り上がりそうですね。

アジャイルメディア・ネットワーク

アジャイルメディア・ネットワークIPOの関連記事

アジャイルメディア・ネットワークIPOのBBスタンスとIPO評価!小型なマザーズIPO!

アジャイルメディア・ネットワークIPOの新規上場を承認!みずほ主幹事!

アジャイルメディア・ネットワークIPOの仮条件

2,800円~3,000円

アジャイルメディア・ネットワークIPOの仮条件は、想定価格の2,640円を上回るレンジで設定されています。アジャイルメディア・ネットワークIPOは、当初から期待度が高かったので、強気の仮条件も納得です。

ちなみに、アジャイルメディア・ネットワークIPOの公開価格が仮条件の上限(3,000円)で決まると、吸収金額は3.8億円から4.3億円にアップしますが、それでも十分に小型なので全く問題ないですね。


当サイトでタイアップキャンペーンを実施中!

アジャイルメディア・ネットワークIPOの初値予想

11,000円 (仮条件の上限価格比:+8,000円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:5,500円~6,300円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:6,000円~6,900円)

アジャイルメディア・ネットワークIPOは、ネット関連、マザーズ、小型と初値高騰の条件が揃っているので、間違いなく人気化すると思います。

VC(ベンチャーキャピタル)保有株だけが懸念材料ですが、もともと規模が小さいだけに、今の人気ぶりなら問題なく吸収できそうです。

よって、アジャイルメディア・ネットワークIPOは初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アジャイルメディア・ネットワークIPOのその他初値予想はこちら

アジャイルメディア・ネットワークIPOの幹事団

アジャイルメディア・ネットワークIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 岡三証券
SBI証券
SMBC日興証券
エース証券
極東証券
岡三オンライン証券
マネックス証券

アジャイルメディア・ネットワークIPOは、小型で当選枚数も少ないため、主幹事のみずほ証券で当選できないと厳しいですね。

平幹事では、IPOチャレンジポイントでも当選が狙えるSBI証券と、100%完全抽選のマネックス証券に期待しています。


SBI証券のIPOルール


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社