アイドママーケティングコミュニケーション(9466)IPOが、明日(3月18日)東証マザーズ市場へ新規上場します。しかし、何度も書いていますが、6社同時上場というのは厳しいですね。どの銘柄も単独上場だったなら、もう少し評価されてもおかしくないので惜しいですね。

アイドママーケティングコミュニケーション

アイドママーケティングコミュニケーションIPOの直前初値予想

1,330円 (公募価格比:-110円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,640円~1,800円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,440円~1,600円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,440円)

※主幹事証券会社の引受価格:1,324.80円

アイドママーケティングコミュニケーションIPOは、吸収金額28.3億円(想定価格ベース)と重めで、想定価格1,540円から仮条件(1,300円~1,440円)を大幅に下げた点からも、公募価格を割れる可能性が高そうです。

よって、BB(ブックビルディング)時点では、初値予想を1,470円としていましたが、本日までの流れを考慮して1,330円に下方修正したいと思います。

主幹事証券会社の引受価格が1,324.80円なので、その付近で初値形成すると予想しています。


にほんブログ村

アイドママーケティングコミュニケーションIPOのその他初値予想はこちら

アイドママーケティングコミュニケーションIPOの初値決定前の気配運用

気配上限値段は、公募価格比2.3倍の3,315円で、更新値幅は72円で更新時間10分になります。

気配下限値段は、公募価格比0.75倍の1,080円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、360円以上で5,760円以下となります。

アイドママーケティングコミュニケーションIPOで幹事を務めているSBI証券は、4月期待のIPO「エディア(3935)」で主幹事を務めています。今から口座開設しても申し込み期間に間に合いますので、まだ口座をお持ちで無い方は、お早めの手続きをおすすめします。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ