アルヒ(7198)IPOの新規上場が承認されました。アルヒ(ARUHI)IPOは、12月14日に東証1部又は2部市場へ新規上場する予定になっています。

アルヒIPOは、SGホールディングス(佐川急便)IPOほどではありませんが、吸収金額256.2億円の大型IPOです。しかも、SGホールディングスの翌日に新規上場というスケジュールなので、悩ましい状況になりそうです。

アルヒ

アルヒ(東証1部IPO)IPOの基本情報

銘柄名アルヒ
コード7198
主幹事証券野村證券
みずほ証券
UBS証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
大和証券
SBI証券
上場日12月14日
仮条件決定日11月27日(1,150円~1,340円に決定)
ブックビルディング期間11月28日から12月4日まで
公開価格決定日12月5日(1,300円に決定)
申込期間12月7日から12月12日まで
公募0株
売出し18,040,300株
(国内:10,824,200株・海外:7,216,100株)
OA1,082,500株
吸収金額256.2億円
想定価格1,340円
初値価格1,270円


アルヒIPO幹事のSMBC日興証券

アルヒIPOの概要

アルヒIPOは、フラット35を中心とする住宅ローンの貸付及び回収を行うモーゲージバンク事業を展開しています。ちなみに、モーゲージバンクとは住宅ローンを専門に取り扱う金融機関のことです。

アルヒIPOは、2004年に全期間固定金利住宅ローン「フラット35」の取り扱いを開始して以来、業界最低水準の金利で「フラット35」提供しており、2015年度の「フラット35」融資実行件数シェアは20%を超え、7年連続シェアNo.1を達成しています。

アルヒIPOは、その他にも家賃や年齢など簡単な質問に答えるだけで、現在の家賃をベースにしたおすすめエリアや、物件種別および条件に合う物件を探せる「おススメ物件診断」などのサービスも提供しています。

アルヒIPOは、上場日がSGホールディングス(佐川急便)IPOの翌日で、規模(吸収金額256.2億円)もかなり大きいため、慎重に判断する必要がありそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アルヒIPOのその他情報はこちら

注目の幹事証券

アルヒIPOの幹事団には、IPO抽選組に人気のSMBC日興証券SBI証券が顔を揃えています。


SBI証券

アルヒIPOの初値予想

アルヒIPOの初値予想は、仮条件決定後(11月27日以降)に追記させていただきます。

1,340円⇒1,300円 (公開価格比:±0円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,340円~1,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,240円~1,340円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:1,340円~1,500円)

(※大手予想会社の初値予想第四弾:1,300円~1,450円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング