アルヒ(7198)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の11月28日から開始されます。アルヒ(ARUHI)IPOは、人気化しそうなエル・ティー・エスIPOとの同時上場で、規模(吸収金額256.2億円)も大きいため、需給面に不安があります。

しかも、前日に超大型(吸収金額1,245億円)なSGホールディングス(佐川急便)IPOが上場しているため、資金分散の影響も気になるところです。

アルヒ

アルヒ(東証1部IPO)IPOの基本情報

銘柄名アルヒ
コード7198
主幹事証券野村證券
みずほ証券
UBS証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
大和証券
SBI証券
上場日12月14日
仮条件決定日11月27日(1,150円~1,340円に決定)
ブックビルディング期間11月28日から12月4日まで
公開価格決定日12月5日(1,300円に決定)
申込期間12月7日から12月12日まで
公募0株
売出し18,040,300株
(国内:10,824,200株・海外:7,216,100株)
OA1,082,500株
吸収金額256.2億円
想定価格1,340円
初値価格1,270円

アルヒIPOの事業内容

アルヒは、主に貸金業法に基づく「貸金業者」として、証券化を資金調達手段とした住宅ローンのオリジネート(貸付)とサービシング(回収)を行うモーゲージバンク事業を展開しています。

主力商品の全期間固定金利住宅ローン「フラット35」は、2015年度の融資実行件数シェアが20%を超え、7年連続シェアNo.1(2010年度~2016年度統計)を達成しています。

また、アルヒは提携金融機関等の住宅ローン商品等の媒介や、銀行法に基づく「銀行代理業者」として提携金融機関等の住宅ローン商品を代理で販売しています。

さらに、アルヒは不動産購入者事例のビッグデータを活用し、Webで理想の家探しをサポートする「ARUHI家の検索」や、住宅購入後の豊かな住生活の実現をお手伝いする「ARUHI暮らしのサービス」など、ライフステージに応じたサービスを一気通貫で提供しています。

アルヒIPOの業績

アルヒの業績

(※画像クリックで拡大)

アルヒIPOの業績は3期分しかありませんが概ね順調そうです。

アルヒのIPO評価

アルヒは、大型なカチタスIPO(吸収金額377.6億円)とSGホールディングスIPO(吸収金額1.245億円)に続いて連日の上場になるので、需給面はかなり厳しそうです。

また、公募株がゼロで売出株のみというのも、投資ファンドの出口案件に見えてしまって印象が悪いです。

よって、アルヒのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。アルヒの実績や業績に大きな問題はありませんが、とにもかくにも規模(吸収金額256.2億円)が大きくて、日程にも恵まれていないため、公開価格付近で初値形成するのが精一杯と予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アルヒIPOのその他情報はこちら

アルヒIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

アルヒIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送る予定です。ただし、SBI証券だけはいつものことながらIPOチャレンジポイント狙いで申し込みます。

アルヒIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB不参加
みずほ証券 (主幹事) BB不参加
UBS証券 (主幹事) 口座なし
SMBC日興証券 BB不参加
大和証券 BB不参加
SBI証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ