スタジオアタオ(3550)IPOのBB(ブックビルディング)が、11月11日から(11月17日まで)開始されます。

スタジオアタオIPOは、エルテスIPOJMC(5704)IPOとの3社同時上場ですが、その中で一番評価が低そうです。しかも、規模はそれに反して一番大きいので、需給面に不安がありますね。

アタオ

スタジオアタオ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名スタジオアタオ
コード3550
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券大和証券
みずほ証券
SBI証券
マネックス証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
上場日11月29日
仮条件決定日11月10日(2,930円~3,030円に決定)
ブックビルディング期間11月11日から11月17日まで
公開価格決定日11月18日(3,030円に決定)
申込期間11月21日から11月25日まで
公募51,000株
売出し610,000株
OA66,100株
吸収金額21.3億円
想定価格2,930円


ZMPでも主幹事を務める可能性が高いSMBC日興証券

スタジオアタオIPOの事業内容

スタジオアタオグループは、スタジオアタオ及び連結子子会社のロベルタ ディ カメリーノ ファーイーストで構成されており、オリジナルバック等の企画・販売、直営店舗の運営、インターネット店舗の運営、キャラクター商品の企画・販売を主な事業としている企業です。

また、スタジオアタオグループは、「ATAO(アタオ)」「IANNE(イアンヌ)」「Roberta di Camerino(ロベルタ ディ カメリーノ)」の3つのブランドを展開しています。

特に、主力ブランドの「ATAO(アタオ)」は女性に人気があるようですが、それが初値に繋がるかは微妙ですね。

スタジオアタオIPOの業績

スタジオアタオの業績

(※画像クリックで拡大)

スタジオアタオIPOの業績は、理想的な右肩上がりで、何の問題も無さそうです。

スタジオアタオのIPO評価

スタジオアタオIPOは、規模(吸収金額21.3億円)の大きさもさることながら、公募株(51,000株)に比べて売出株(610,000株)の多さが気になります。また、想定価格が2,930円というのも少し割高な印象を受けます。

ただ、スタジオアタオIPOは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が見当たらず、業績の良さも一定の評価を得られそうです。

よって、スタジオアタオのIPO評価はCが妥当だと考えています。スタジオアタオIPOの初値は、わずかに公開価格を上回りそうですが、公開価格割れの可能性も頭に入れておく必要があると思います。


にほんブログ村

スタジオアタオIPOのその他情報はこちら

スタジオアタオIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

スタジオアタオIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中ですが、全力で申し込むつもりはありません。ただ、落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券には、必ず申し込むつもりです。

スタジオアタオIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB検討中
大和証券 BB検討中
みずほ証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB検討中
いちよし証券 BB不参加
岩井コスモ証券 BB不参加


100%完全抽選で抽選配分数が多いマネックス証券


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社