オークネット(3964)IPOが、今日(3月10日)から開始されています。オークネットは、2008年に非上場化していたので、約9年ぶりの再上場ということになります。

しかも、オークネットは昨年新規上場しようとして取り止めているので、あまり印象が良くありませんね。ただ、昨年より規模を約半分に抑えてきたことはプラス要素です。

オークネット

オークネット(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名オークネット
コード3964
主幹事証券野村證券
幹事証券みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
エース証券
いちよし証券
マネックス証券
カブドットコム証券
上場日3月29日
仮条件決定日3月9日(1,070円~1,100円に決定)
ブックビルディング期間3月10日から3月16日まで
公開価格決定日3月17日(1,100円に決定)
申込期間3月21日から3月24日まで
公募2,200,000株
売出し2,620,000株
OA723,000株
吸収金額59.3億円
想定価格1,070円
初値価格1,300円


オークネットIPO幹事のマネックス証券

オークネットIPOの事業内容

オークネットは、中古車オークションを中心に、中古モバイルオークション、中古PCオークション、中古バイクオークション、花き(切花・鉢物)オークション、ブランドオークションなど、様々な分野のオークション関連事業を手掛けています。

オークネットの「バーチャルオークション」は、取引商品の評価・査定サービス、落札代行サービス、金融や保証のサポートサービスなど、商材に「信頼」という価値を付加し、会員企業が現物を見なくとも、安心して取引できるところがメリットです。

オークネットIPOの業績

オークネットの業績

(※画像クリックで拡大)

オークネットIPOの業績は、全体的に悪くありませんが、やや頭打ちという印象も受けます。

オークネットのIPO評価

オークネットは、大型(吸収金額59.3億円)な再上場IPOなので、やや厳しそうな雰囲気です。ただ、オークネットは知名度が高く、業績も安定しているので、そこそこの評価は得られそうです。

また、上場市場が東証1部だとすれば、規模の大きさも気にするほどではありません。⇒東証1部に決定しました。

よって、オークネットのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。オークネットIPOは、上場日の地合いにもよりますが、公開価格付近で初値形成すると予想しています。


にほんブログ村

オークネットIPOのその他情報はこちら

オークネットIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

オークネットIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。オークネットIPOは、想定価格(1,070円)が比較的安くて、リスクも小さそうなので、今の地合いが続くようならば、少し参加しても良いかなと考えています。

その場合は、主幹事の野村證券と100%完全抽選のマネックス証券に期待しています。

オークネットIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB検討中
みずほ証券 BB検討中
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB不参加
エース証券 口座なし
いちよし証券 BB不参加
マネックス証券 BB検討中
カブドットコム証券 BB検討中


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社