アズ企画設計(3490)IPOは、ジャスダックスタンダード市場への新規上場ですが、規模(吸収金額6.7億円)の小ささで注目されている銘柄です。

また、アズ企画設計IPOは和心IPOとの同時上場ですが、どちらも小型なので資金分散の影響も小さいと思います。

ただ、前日に上場するアジャイルメディア・ネットワークIPOが初日値付かずになると、実質的に3社同時上場となるため、やや影響を受けるかもしれませんね。

アズ企画設計

アズ企画設計IPOの関連記事

アズ企画設計IPOのBBスタンスとIPO評価!不動産関連の小型IPO!

アズ企画設計IPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事!

アズ企画設計IPOの仮条件

2,060円~2,160円

アズ企画設計IPOの仮条件は、想定価格の2,160円を上限に下方へ少し拡げたレンジになっています。アズ企画設計IPOは、新規承認時から需給面で注目されていたので、もう少し強めの仮条件になるかと思っていましたが、いたってノーマルな仮条件です。

いずれにしても、公開価格は仮条件の上限で決まると思うので、想定価格通りということで何の問題もないですね。


SBI証券のIPOルール

アズ企画設計IPOの初値予想

4,320円 (想定価格比:+2,160円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:4,000円~4,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,800円~4,300円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:4,300円~5,000円)

アズ企画設計IPOは、小型(吸収金額6.7億円)で当選枚数も少ないため、かなりの人気を集めると思います。

不動産セクターはIPOで人気になりにくく、3社同時上場になる可能性もありますが、それでも公開価格の2倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アズ企画設計IPOのその他初値予想はこちら

アズ企画設計IPOの幹事団

アズ企画設計IPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 野村證券
SBI証券
岡三証券
東海東京証券
丸三証券
水戸証券
マネックス証券
岡三オンライン証券

アズ企画設計IPOは当選枚数が少ないため、主幹事のみずほ証券を中心に、SBI証券マネックス証券など、ネットから申し込める全ての幹事証券に申込んで朗報を待ちたいと思います。


マネックス証券のIPOルール


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社