ベイカレント・コンサルティング(6532)IPOの新規上場が承認されました。ベイカレント・コンサルティングIPOは、9月2日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

ベイカレント・コンサルティングIPOは、現在のところ9月一発目のIPOになりそうです。ようやくIPOの新規承認が出始めてホッと一安心ですね。

ベイカレント・コンサルティング

ベイカレント・コンサルティング(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ベイカレント・コンサルティング
コード6532
主幹事証券野村証券
幹事証券SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
カブドットコム証券
上場日9月2日
仮条件決定日8月12日(2,100円~2,360円に決定)
ブックビルディング期間8月16日から8月22日まで
公開価格決定日8月23日(2,100円に決定)
申込期間8月25日から8月30日まで
公募50,000株
売出し11,680,400株
OA1,759,500株
吸収金額318.4億円
想定価格2,360円

ベイカレント・コンサルティングIPOの概要

ベイカレント・コンサルティングIPOは、日本発の総合コンサルティングファームとして、政府や様々な業界の日本を代表する企業が抱えるあらゆる課題に対してアプローチし、成果を生み出すことで、クライアントが持続的に成長するための支援を行っている企業です。

ベイカレント・コンサルティングIPOは、ホームページをざっと見ただけでは実態を掴みづらいですが、多角的なコンサルティング事業を手掛けている企業という印象ですね。

ベイカレント・コンサルティングIPOは、吸収金額318.4億円(想定価格ベース)という規模の大きさもさることながら、売出株(11,680,400株)の多さが非常に気になります。第一印象は厳しそうというのが正直なところです。

ベイカレント・コンサルティングIPOの幹事団には、2016年も次から次へとIPOを取り扱っているSMBC日興証券が名を連ねています。やはり、SMBC日興証券はIPOに必須の証券会社ですね。


SMBC日興証券のIPOルール

また、2016年のIPO取扱銘柄数でトップを走っているSBI証券も幹事団入りしています。


SBI証券のIPOルール

9月以降は、再びIPOが盛り上がってくると思いますので、それまでに口座数を増やして、当選確率をアップさせましょう。⇒IPOにオススメの証券会社

ベイカレント・コンサルティングIPOの初値予想

ベイカレント・コンサルティングIPOの初値予想は、仮条件決定後(8月12日以降)に追記させていただきます。

2,200円→1,980円 (公開価格比:-120円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,360円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,100円~2,300円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:2,100円)


にほんブログ村

ベイカレント・コンサルティングIPOのその情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ