ベイカレント・コンサルティング(6532)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の16日(22日まで)からスタートします。

ベイカレント・コンサルティングは、9月一発目のIPOなので期待したいところですが、規模が大きくて厳しそうな気配ですね。

ベイカレントコンサルティング

ベイカレント・コンサルティング(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ベイカレント・コンサルティング
コード6532
主幹事証券野村証券
幹事証券SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
カブドットコム証券
上場日9月2日
仮条件決定日8月12日(2,100円~2,360円に決定)
ブックビルディング期間8月16日から8月22日まで
公開価格決定日8月23日(2,100円に決定)
申込期間8月25日から8月30日まで
公募50,000株
売出し11,680,400株
OA1,759,500株
吸収金額318.4億円
想定価格2,360円


↑9月以降のIPOでも続々と幹事入りしている日興証券↑

ベイカレント・コンサルティングIPOの事業内容

ベイカレント・コンサルティングは、企業の経営・業務・ITに関する知見を有するコンサルタントを擁し、幅広い業界に渡って企業の政略立案から課題解決・実行までをワンストップで提供することで、企業価値の最大化を支援する総合コンサルティングファームです。

ベイカレント・コンサルティングの主たるサービス内容は、(1)戦略・ビジネスプロセスコンサルティング、(2)ITコンサルティング、(3)システムインテグレーションの3つです。

ベイカレント・コンサルティングIPOの業績

ベイカレントコンサルティングの業績

(※画像クリックで拡大)

ベイカレント・コンサルティングIPOの業績は、途中で吸収合併しているために分かりづらいですが、2017年2月期は増収増益の見通しなので、まずまずといった印象です。

ベイカレント・コンサルティングのIPO評価

ベイカレント・コンサルティングは、LINE(3938)IPO、コメダホールディングス(3543)IPOに続いて、今年三番目に大きな(吸収金額318.4億円)IPOです。

しかも、ベイカレント・コンサルティングは、公募株50,000株に対して売出株11,680,400株という売出株の多さが大きな懸念材料です。

また、ベイカレント・コンサルティングは、総合コンサルティングファームというだけあって、あらゆるコンサルティングを手掛けているようですが、これといった特色も見当たりません。

よって、ベイカレント・コンサルティングのIPO評価はDが妥当だと考えています。ベイカレント・コンサルティングIPOは、規模の大きさと売出株の多さから、公開価格を割れる可能性があり、積極的に参加する必要はないと思います。


にほんブログ村

ベイカレント・コンサルティングIPOのその他情報はこちら

ベイカレント・コンサルティングIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ベイカレント・コンサルティングIPOのBB(ブックビルディング)は基本的に見送る予定ですが、IPOチャレンジポイント狙いでSBI証券だけは申し込むつもりです。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説


↑SBI証券の公式サイト↑

ベイカレント・コンサルティングIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村証券 (主幹事) BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
カブドットコム証券 BB不参加


↑カブドットコム証券の公式サイト↑

9月以降のIPOが続々と新規承認されていますので、今のうちに新たな証券口座を準備しておきましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ