ベイカレント・コンサルティング(6532)IPOの仮条件が決まりました。ベイカレント・コンサルティングは、吸収金額(318.4億円)が今年三番目に大きい大型のマザーズIPOです。

ベイカレント・コンサルティングは9月最初のIPOなので、良いスタートを切って欲しいところですが、マザーズIPOとしては規模が大きく、需給面で厳しいと言わざるを得ませんね。

ベイカレント・コンサルティング

ベイカレント・コンサルティングIPOの関連記事

ベイカレント・コンサルティングIPOのBBスタンスとIPO評価

ベイカレント・コンサルティングIPOの新規上場を承認

ベイカレント・コンサルティングIPOの仮条件

2,100円~2,360円

ベイカレント・コンサルティングIPOの仮上限は、想定価格2,360円を上限とした下方に広いレンジとなっています。

ベイカレント・コンサルティングIPOは、以前から規模の大きさと売出株の多さが不安視されていたので、弱気な仮条件もうなずけますね。


↑今年も多数のIPOで幹事を務めるSMBC日興証券↑

ベイカレント・コンサルティングIPOの初値予想

2,200円→1,980円 (想定価格比:-120円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,360円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,100円~2,300円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:2,100円)

ベイカレント・コンサルティングIPOの初値は、やはり吸収金額318.4億円(想定価格ベース)という規模の大きさと、売出株(11,680,400株)の多さがネックなので、残念ながら公開価格を割れる可能性が高いと予想しています。

9月は、14日以降に次々と有望なIPOが新規承認されていますので、リスクを背負ってまでベイカレント・コンサルティングIPOに参加する必要は無いと思います。


にほんブログ村

ベイカレント・コンサルティングIPOのその他初値予想はこちら

ベイカレント・コンサルティングIPOの幹事団

ベイカレント・コンサルティングIPOの幹事団
主幹事証券 野村証券
幹事証券 SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
カブドットコム証券

ベイカレント・コンサルティングIPOは規模が大きいので、通常のIPOと比べて当選しやすいと思います。しかし、公開価格割れのリスクが高いため、あまりオススメ出来ない銘柄ですね。

ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで参加することをオススメします。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説


↑SBI証券の公式サイト↑


↑カブドットコム証券の公式サイト↑


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

今秋には、超大型なJR九州IPOが新規上場する予定なので、今のうちにまだ持っていない証券会社の口座を開設しておきましょう。

IPOにオススメの証券会社