ビーブレイクシステムズ(3986)IPOは、約2カ月のIPO空白期間を経ての新規上場なので、日に日に期待度が高まっています。

また、6月のIPOはビーブレイクシステムズを含めて6銘柄しか承認されていないため、注目度もますます高まっているようです。

にほんブログ村でも、ビーブレイクシステムズIPOについて様々な情報がアップされていますね。

ビーブレイクシステムズ

ビーブレイクシステムズIPOの関連記事

ビーブレイクシステムズIPOのBBスタンスとIPO評価!クラウド関連IPO!

ビーブレイクシステムズIPOの新規上場を承認!主幹事はSBI証券!

ビーブレイクシステムズIPOの仮条件

1,550円~1,670円

ビーブレイクシステムズIPOの仮条件は、想定価格の1,380円を大幅に上回るレンジになっています。かなり強気の仮条件ですが、当初から評価が高くて想定価格も安めだったので、全く問題ないと思います。

ちなみに、ビーブレイクシステムズIPOの公開価格が仮条件の上限(1,670円)で決まると、吸収金額は4.7億円から5.7億円にアップしますが、小型なことに変わりありませんね。

ビーブレイクシステムズIPO主幹事のSBI証券

SBI証券のIPOルール

ビーブレイクシステムズIPOの初値予想

4,840円⇒5,500円 (公開価格比:+3,830円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,000円~3,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,300円~3,800円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:3,800円)

ビーブレイクシステムズは、6月のIPO第一弾というだけでなく、クラウドというテーマ性をもった小型なマザーズIPOなので、初値が跳ねる可能性は極めて高いと思います。

また、ビーブレイクシステムズはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。


にほんブログ村

ビーブレイクシステムズIPOのその他初値予想はこちら

ビーブレイクシステムズIPOの幹事団

ビーブレイクシステムズIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 SMBC日興証券
みずほ証券
岡三証券
極東証券
岩井コスモ証券

ビーブレイクシステムズIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使うか悩みどころです。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

私は、今のところポイントを使って当選を狙おうと考えています。ただ、私の保有ポイントでは少し足りなそうな気配なので、全ポイントを使っても当選出来ない可能性大です。

ビーブレイクシステムズIPOは小型で当選枚数が少ないため、平幹事での当選は難しいですが、それでも申し込まなければ当選出来ないので、SMBC日興証券岩井コスモ証券など、可能な限り申し込むことをオススメします。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社