ビーグリー(3981)IPOの新規上場が承認されました。ビーグリーIPOは、3月17日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

ビーグリーIPOは、本日新規承認されたほぼ日IPOうるるIPOに続いて、連日の新規上場となります。主幹事は、IPO投資に欠かすことの出来ないSMBC日興証券です。

ビーグリー

ビーグリー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ビーグリー
コード3981
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券SBI証券
マネックス証券
SMBCフレンド証券
いちよし証券
エース証券
岩井コスモ証券
上場日3月17日
仮条件決定日3月1日(1,820円~1,880円に決定)
ブックビルディング期間3月2日から3月8日まで
公開価格決定日3月9日(1,880円に決定)
申込期間3月10日から3月15日まで
公募384,700株
売出し4,309,900株
OA523,200株
吸収金額95億円
想定価格1,820円
初値価格1,881円


ビーグリーIPO主幹事のSMBC日興証券

ビーグリーIPOの概要

ビーグリーIPOは、コミック配信サービス「まんが王国」の運営など、コンテンツプラットフォーム事業を手掛けている企業です。

まんが王国は、日本最大級のスマートフォン、タブレット向けコミック配信サービスなので、見かけたことがある方も多いと思います。

ただ、ビーグリーは規模(吸収金額95億円)が大きく、売出株も公募株の10倍以上なので、需給面に難ありですね。

また、ビーグリーIPOは、規模(吸収金額41.7億円)が大きめのうるるIPOなどと、BB(ブックビルディング)期間が重なっているので、資金分散の影響も受けそうです。

3月中盤以降は、規模大きめのIPOが目立つので、慎重に判断する必要がありそうですね。


にほんブログ村

ビーグリーIPOのその他情報はこちら

ビーグリーIPOの主幹事は、今年のIPOでも主幹事や幹事を数多く務めているSMBC日興証券です。


SMBC日興証券の公式サイト

また、ビーグリーIPOの幹事団には、いつものごとくSBI証券マネックス証券が名を連ねています。


マネックス証券の公式サイト

さらに、岩井コスモ証券がまたしても幹事団入りしています。今年は、岩井コスモ証券の躍進ぶりが目立ちますね。

ビーグリーIPOの初値予想

ビーグリーIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月1日以降)に追記させていただきます。

1,880円 (想定価格比:+60円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,920円~2,100円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,880円~2,100円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング