ベネフィットジャパン(3934)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日の3月8日から(3月14日まで)からスタートします。

ベネフィットジャパンは、ウイルプラスホールディングス(3538)共に3月24日同時上場予定です。3月18日の6社同時上場よりマシですが、やはり資金の分散は気になるところです。

ベネフィットジャパン

ベネフィットジャパン(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ベネフィットジャパン
コード3934
主幹事証券大和証券
幹事証券SMBC日興証券
エイチ・エス証券
いちよし証券
SBI証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
上場日3月24日
仮条件決定日3月4日(1,680円~1,980円に決定)
ブックビルディング期間3月8日から3月14日まで
公募価格決定日3月15日(1,980円に決定)
公募250,000株
売出し200,000株
OA67,500株
吸収金額10.5億円
想定価格2,020円

ベネフィットジャパンIPOの事業内容

ベネフィットジャパンは、MVNO(仮想移動体通信事業者)事業、契約加入取次事業、天然水宅配事業を主たる事業としている企業です。

また、ベネフィットジャパンは「情報通信サービスでお客様のライフスタイルを楽しく便利に」を経営方針とし、販売会社から通信事業者への転換を図りつつ、「笑顔でつなぐ、みんなの未来」をキャッチフレーズに事業を展開しています。

ベネフィットジャパンの業績

(※画像クリックで拡大)

ベネフィットジャパンの業績には波がありますが、2016年3月期は売上高が前期比0.7%減の42.2億円、経常利益が前期比67.8%増の4.6億円と減収増益の見通しになっています。

ベネフィットジャパンのIPO評価

ベネフィットジャパンIPOは、マザーズ市場のネット系という点はプラス要素ですが、吸収金額10.5億円(想定価格ベース)とそこそこの規模で、2社同時上場というのも懸念材料です。

また、MVNO(仮想移動体通信事業者)ビジネスはまだまだ需要がありそうですが、ベネフィットジャパンが展開している「オンリーモバイル」や「オンリースマイル」は聞いたことが無かったので、あまり知名度は高くなさそうです。

ただ、ベネフィットジャパンは同時上場のウイルプラスホールディングスと比べると、需給面や事業内容でIPO的に見栄えが良くて人気を集めそうです。

よって、ベネフィットジャパンのIPO評価はCが妥当だと考えています。ベネフィットジャパンは、きっちりと公募価格を上回る初値が付くと思いますが、過度な期待は出来ないといった印象です。

ベネフィットジャパンIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ベネフィットジャパンIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加するつもりです。ベネフィットジャパンは、同時上場するウイルプラスホールディングスより利益を得られる可能性が高く、公募割れリスクも少ないと感じています。

ベネフィットジャパンIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB申し込み
エイチ・エス証券 BB申し込み
いちよし証券 BB申し込み
SBI証券 BB申し込み
マネックス証券 BB申し込み

SBI証券は抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるので、貯めたポイントを利用してIPOをゲットすることも可能です。(※SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

マネックス証券のIPOは1人一票制の100%完全抽選なので、口座開設したばかりでも十分に当選するチャンスがあります。


にほんブログ村

ベネフィットジャパンIPOのその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ