ビープラッツ(4381)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日(3月15日)からスタートします。ビーブラッツは、マザーズの小型IPOなので、需給面だけでも人気化しそうな気配です。

また、ビーブラッツIPOはその後に上場するヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスIPOと約1週間空いているので、日程的にも良い感じだと思います。

ビーブラッツ

ビープラッツ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ビープラッツ
コード4381
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
いちよし証券
エース証券
丸三証券
上場日4月4日
仮条件決定日3月13日(1,950円~2,200円に決定)
ブックビルディング期間3月15日から3月22日まで
公開価格決定日3月23日(2,200円に決定)
申込期間3月27日から3月30日まで
公募100,000株
売出し50,000株
OA22,500株
吸収金額3.2億円
時価総額20.6億円
想定価格1,860円→公開価格:2,200円
初値価格10,000円

ビーブラッツIPOの事業内容

ビーブラッツは、IoT(モノのインターネット化)、クラウド、通信(MVNO・光コラボレーション)分野を中心に、サブスクリプション(継続従量課金)のためのプラットフォームシステムBplats®(ビープラッツ)」をクラウドサービスとして提供しています。

「Bplats®」とは、サブスクリプションビジネスにおける従量課金を含む月額請求や年額請求など多様な請求ルールを持つ商品構成に基づく契約管理や請求管理が行える販売管理ソリューションです。

Bplatsの画像

「Bplats®(ビープラッツ)」では、川上から川下まで事業にかかわるすべての関係者をサブスクリプションビジネスでつなぐ「Bplats® Platform Edition」と、IoT(Internet of Things)やFintech時代の到来に向け、「自由に、従量課金ビジネスの取引で、つながる」という全く新しいコンセプトの「Bplats® Channel Edition」を提供しています。

ビーブラッツIPOの業績

ビーブラッツの業績

(※画像クリックで拡大)

ビープラッツIPOの売上は好調に推移しています。ただ、利益はまだ浮き沈みが激しいですね。

ビープラッツのIPO評価

ビープラッツは、吸収金額が想定価格ベースで3.2億円と小さくて当選枚数も少ないため、かなりの人気を集めると思います。

また、ビープラッツはIoTクラウドといったIPOで人気のテーマ性でも注目されそうです。

よって、ビープラッツのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。ビープラッツIPOは、直近の利益が赤字でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も気になりますが、それでも初日値付かずも想定される高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ビープラッツIPOのその他情報はこちら

ビープラッツIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ビープラッツIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込む予定です。主幹事の野村證券はもちろんのこと、平幹事のSMBC日興証券マネックス証券などにももれなく申し込んで、少しでも当選確率をアップさせたいと思います。

ビープラッツIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
エース証券 口座なし
丸三証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ