先週末までにアシードホールディングス(9959)、セグエグループ(3968)、早稲田アカデミー(4718)、駅探(3646)、CKサンエツ(5757)、フルテック(6546)、ツナグ・ソリューションズ(6551)の立会外分売が発表されています。

駅探

立会外分売は、すでに発表されているものを含めて13銘柄となりました。このところIPOも次々と新規承認されているので、資金繰りに頭を悩ますことになりそうです。

立会外分売のスケジュール
銘柄名 分売予定期間 参加スタンス 分売株式数 申込数量限度
日伝
(9902)
2/20~2/23 200,000株 500株
アシードホールディングス
(9959)
2/20~2/23 100,000株 1,000株
セグエグループ
(3968)
2/21~2/23 200,000株 1,000株
高速
(7504)
2/21~2/23 338,000株 1,000株
早稲田アカデミー
(4718)
2/23~3/1 150,000株 300株
フィル・カンパニー
(3267)
2/23~3/2 50,000株 100株
駅探
(3646)
2/26~2/28 200,000株 6,000株
カナミックネットワーク
(3939)
2/26~2/28 × 400,000株 300株
日本アクア
(1429)
2/27~2/28 1,100,000株 2,000株
CKサンエツ
(5757)
3/1~3/6 50,000株 500株
フルテック
(6546)
3/5~3/8 200,000株 1,000株
ツナグ・ソリューションズ
(6551)
3/6~3/8 × 350,000株 200株
グレイステクノロジー
(6541)
3/6~3/9 200,000株 200株

(※2018年2月18日現在)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

日伝(9902)と高速(7504)は、貸借銘柄で流動性もそこそこあるため、今のところ全力で申し込むつもりです。

また、フィル・カンパニー(3267)とCKサンエツ(5757)は分売株数が少ないので楽しめそうですが、当選するのは難しそうです。

その他の銘柄は、分売直前までの株価推移と地合いによって、最終的な参加スタンスを決めたいと考えています。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいので、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、ライブスター証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。(※一部の地方市場を除く)

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング