グリムス(3150)、ベネフィットジャパン(3934)、清和中央ホールディングス(7531)の立会外分売が発表されています。

ベネフィットジャパン

また、明日はノムラシステムコーポレーション(3940)とエコス(7520)の立会外分売が実施されます。

ちなみに、ノムラシステムコーポレーションの分売価格は前日終値の1,200円から2.5%割り引いた1,170円、エコスの分売価格は前日終値の1,718円から1.97%割り引いた1,684円になっています。

立会外分売のスケジュール
銘柄名 分売予定期間 参加スタンス 分売株式数 申込数量限度
ノムラシステム
コーポレーション

(3940)
5/28~5/31 110,000株 1,000株
エコス
(7520)
5/28~5/31 × 369,000株 10,000株
日本和装
ホールディングス

(2499)
5/29~6/1 400,000株 1,000株
ダブルスタンダード
(3925)
5/29~6/1 × 334,000株 300株
ツナグ・ソリューションズ
(6551)
5/30~6/1 54,000株 200株
日本モーゲージサービス
(7192)
5/30~6/4 150,000株 100株
グリムス
(3150)
5/31~6/6 110,000株 100株
ニーズウェル
(3992)
5/31~6/6 210,000株 500株
ベネフィットジャパン
(3934)
6/1~6/7 60,000株 100株
清和中央ホールディングス
(7531)
6/1~6/7 × 30,000株 300株
ユニオンツール
(3992)
6/4~6/7 620,100株 2,000株
システム情報
(3992)
6/8~6/13 240,000株 200株

(※2018年5月27日現在)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

私は明日外出する予定なので、ノムラシステムコーポレーションとエコスの立会外分売は見送るかもしれません。また、もし参加するとしても、それほど分売株数が多くなく、割引率もまずまずのノムラシステムコーポレーションのみにするつもりです。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいので、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、ライブスター証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。(※一部の地方市場を除く)

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング