メディアスホールディングス(3154)、PR TIMES(3922)、LITALICO(6187)、インソース(6200)、CDG(2487)の立会外分売が発表されました。

PR TIMES、LITALICO、インソースは、昨年新規上場したばかりなので、どれも記憶に新しいですね。⇒(2016年のIPO初値結果

立会外分売は、かなりの過密スケジュールになってきましたが、ちょうどIPOが無い時期なので、立会外分売にチャレンジするのも良いと思います。

LITALICO

立会外分売のスケジュール
銘柄名 売買予定期間 売買単位 分売株式数 申込数量限度
シュッピン(3179) 5/23~5/29 100株 598,000株 500株
北川精機(6327) 5/23~5/26 100株 345,000株 10,000株
カワニシホールディングス(2689) 5/24~5/26 100株 40,000株 300株
メディアスホールディングス
(3154)
5/25~5/30 100株 50,000株 300株
MS-Japan(6539) 5/25~5/29 100株 200,000株 1,000株
PR TIMES(3922) 5/26~5/30 100株 35,000株 100株
LITALICO(6187) 5/30~6/5 100株 455,000株 1,000株
インソース(6200) 6/2~6/6 100株 278,000株 500株
CDG(2487) 6/6~6/8 100株 60,000株 1,000株
オープンドア(3926) 6/6~6/9 100株 60,000株 100株

(※5月20日現在)


にほんブログ村

6月のIPO(新規公開株)は、まだ3銘柄しか新規承認されていませんが、立会外分売は5月後半から目白押しですね。

立会外分売は、その時の地合いと銘柄選びがキモですが、IPOが無い時期だけに、出来るだけ参加したいと考えています。

中でも、シュッピン、LITALICO、インソースは分売数量が多くて、流動性も高いので、全力で申し込むつもりです。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

立会会外分売は、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいので、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。⇒(立会外分売の解説

立会外分売には、ビーブレイクシステムズIPOディーエムソリューションズIPOで主幹事を務めるSBI証券をはじめ、マネックス証券野村證券松井証券ライブスター証券楽天証券丸三証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング