5月17日に小津産業(7487)の立会外分売が実施されました。ちなみに、小津産業の分売価格は前日終値の2,322円から2.02%割り引いた2,275円でした。

私は当初の予定通りに全力で申し込みましたが、残念ながら全滅でした。最近は、分売株数が100,000株程度だと、なかなか当選しませんね。

小津産業の立会外分売(マネックス証券

小津産業の立会外分売(マネックス証券)

(※画像クリックで拡大)


小津産業の立会外分売(松井証券

小津産業の立会外分売(松井証券)

(※画像クリックで拡大)


小津産業の立会外分売(ライブスター証券

小津産業の立会外分売(ライブスター証券)

(※画像クリックで拡大)

上記のほか、SBI証券野村證券丸三証券楽天証券にも申し込みましたが落選でした。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ちなみに、小津産業(7487)は分売価格(2,275円)を上回る2,342円で始まり、終始分売価格以上の値で推移しながら、2,325円で取引を終えたので、いつ売っても利益の得られる理想的な展開でした。

小津産業の株価チャート(5月17日)

小津産業の株価チャート(5月17日)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

立会外分売の最新情報と参加スタンス

立会外分売は、新たにミズホメディー(4595)、ノムラシステムコーポレーション(3940)、日本和装ホールディングス(2499)、ダブルスタンダード(3925)、ツナグ・ソリューションズ(6551)、日本モーゲージサービス(7192)、ニーズウェル(3992)、ユニオンツール(6278)、システム情報(3677)が発表されています。

先週はIPOが続々と新規承認されましたが、立会外分売も盛りだくさんですね。

立会外分売のスケジュール
銘柄名 分売予定期間 参加スタンス 分売株式数 申込数量限度
ヒップ
(2136)
5/16~5/22 190,000株 3,000株
黒谷
(3168)
5/22~5/25 610,000株 3,000株
ミズホメディー
(4595)
5/24~5/31 100,000株 1,000株
インターワークス
(6032)
5/24~5/31 100,000株 100株
シンクロ・フード
(3963)
5/25~5/31 65,000株 100株
テモナ
(3985)
5/25~5/31 60,000株 100株
ノムラシステム
コーポレーション

(3940)
5/28~5/31 110,000株 1,000株
日本和装
ホールディングス

(2499)
5/29~6/1 400,000株 1,000株
ダブルスタンダード
(3925)
5/29~6/1 × 334,000株 300株
ツナグ・ソリューションズ
(6551)
5/30~6/1 54,000株 200株
日本モーゲージサービス
(7192)
5/30~6/4 150,000株 100株
ニーズウェル
(3992)
5/31~6/6 210,000株 500株
ユニオンツール
(3992)
6/4~6/7 620,100株 2,000株
システム情報
(3992)
6/8~6/13 240,000株 200株

(※2018年5月20日現在)

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいので、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、ライブスター証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。(※一部の地方市場を除く)

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング