カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(9284)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週末の(10月13日)から開始されます。

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人IPOは、久しぶりの東証インフラファンドIPOですが、またしても太陽光発電で注目度も低そうなため、かなり厳しそうな気がします。

ちなみに、東証インフラファンドIPOは、一般的なIPOとは異なるので、初心者の方は注意して下さい。

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(東証インフラファンドIPO)のIPO基本情報

銘柄名カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人
コード9284
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
上場日10月30日
仮条件決定日10月12日(98,000円~102,000円に決定)
ブックビルディング期間10月13日から10月19日まで
公開価格決定日10月20日(100,000円に決定)
申込期間10月23日から10月26日まで
公募177,800口
(国内:129,412口・海外:48,388口)
売出し0口
OA8,890口
吸収金額186.7億円
想定価格100,000円
初値価格95,000円

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人IPOの事業内容

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人IPOは、太陽光発電所の開発プロジェクトを中心とした事業を展開しているカナディアン・ソーラー・グループをスポンサーとし、主として我が国の再エネ発電設備等への投資を行うインフラ投資法人です。

また、カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人IPOは、再エネ発電設備等への投資と運用が生む安定的なキャッシュフローの継続的な享受と中長期的な成長を実現し、これを源泉とした金銭の分配を行うことで、投資主価値の最大化を目指しています。

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人IPOのポートフォリオ

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人のポートフォリオ

(※画像クリックで拡大)

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人のIPO評価

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人IPOは、吸収金額が想定価格ベースで186.7億円と大きく、太陽光発電も新鮮味に欠けるため、苦戦しそうな雰囲気です。

また、今年の3月に新規上場した日本再生可能エネルギーインフラ投資法人IPOが公開価格を割れたのも印象を悪くしています。

よって、カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人のIPO評価は、Dが妥当だと考えています。カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人IPOは、これといった特長が見出せず、懸念材料も多いため、公開価格を割れる可能性が高いと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人IPOのその他情報はこちら

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人IPOのBB(ブックビルディング)は見送る予定です。ただ、SBI証券はIPOチャレンジポイント狙いで申し込むつもりです。

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB不参加
SBI証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ