キャリア(6198)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の6月10日から(6月16日まで)スタートします。キャリアIPOは単独上場(6月27日)なので日程に恵まれており、わりと期待できる銘柄だと思います。

ただ、6月のIPOラッシュも後半に差し掛かり、買い疲れなどが出始める時期なので、その点は注意が必要です。

キャリア

キャリア(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名キャリア
コード6198
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券みずほ証券
大和証券
SBI証券
岩井コスモ証券
エース証券
マネックス証券
上場日6月27日
仮条件決定日6月9日(1,850円~1,950円に決定)
ブックビルディング期間6月10日から6月16日まで
公募価格決定日6月17日(1,950円に決定)
申込期間6月20日から6月23日まで
公募150,000株
売出し345,000株
OA74,200株
吸収金額10.5億円
想定価格1,850円

キャリアIPOの事業内容

キャリアは、深刻な高齢化社会において、老後の暮らしの安心確保と慢性的な労働力不足を解消するために、シニアワーク事業とシニアケア事業を展開している企業です。

シニアワーク事業では、ビルメンテナンス、ベッドメイキング、オフィスワーク、ロジスティックス向けに人材派遣や業務請負を行っています。

シニアケア事業では、医療や介護労働力の不足を解消するために、看護師や介護士の人材派遣や人材紹介を行っています。

キャリアの事業内容は一言で言えば人材派遣業ですが、シニア層を主なターゲットにしているところは社会的意義を感じますね。

キャリアIPOの業績

キャリアの業績

(※画像クリックで拡大)

キャリアIPOの業績は、右肩上がりで順調に推移しており、概ね好調と言って良いと思います。シニア向けの事業内容は時代にマッチしており、今後の伸びも期待出来そうです。

キャリアのIPO評価

キャリアIPOは、他のIPO銘柄と比べて中規模(想定価格ベースで吸収金額10.5億円)なので、需給面での有利さはあまり感じられませんが、高齢者雇用というテーマ性と好調な業績から人気を集めそうです。

また、キャリアIPOは単独上場で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が見当たらない点もプラスに働きそうです。

よって、キャリアのIPO評価はBが妥当だと考えています。キャリアIPOは、初値高騰とはいかないまでも、公募価格をキッチリと上回る初値形成になると予想しています。

キャリアIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

キャリアIPOのBB(ブックビルディング)スタンスは、全力で臨むつもりです。キャリアIPOは他のIPOより規模が大きい分、当選する可能性も高く、ある程度の利益も得られると思いますので、積極的に参加する価値はあると思います。

キャリアIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
大和証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
エース証券 口座無し
マネックス証券 BB参加

↓ストライクやセラクでも主幹事を務めるSMBC日興証券↓

SMBC日興証券のIPOルールと詳細解説

↓IPOの取扱銘柄数がトップクラスのSBI証券↓

SBI証券のIPOルールと詳細解説

↓IPO後期型で資金が少ない方にお勧めの岩井コスモ証券↓

岩井コスモ証券のIPOルールと詳細解説

↓IPO配分は100%完全抽選のマネックス証券↓

マネックス証券のIPOルールと詳細解説


にほんブログ村

キャリアIPOのその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ