キャリアインデックス(6538)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の月曜日から(11月28日~12月2日)始まります。

12月のIPOは、キャリアインデックスを皮切りに、怒涛のIPOラッシュを迎えるので、資金管理と銘柄の選別がポイントになりそうです。

また、キャリアインデックスIPOの主幹事はSBI証券なので、にほんブログ村などでもIPOチャレンジポイントの当選ラインや当選配分数について話題になりそうです。ただ、個人的にはポイントを使ってまで取りにいく程ではないと考えています。

キャリアインデックス

キャリアインデックス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名キャリアインデックス
コード6538
主幹事証券SBI証券
幹事証券大和証券
SMBC日興証券
マネックス証券
エース証券
極東証券
上場日12月14日
仮条件決定日11月24日(5,720円~6,060円に決定)
ブックビルディング期間11月28日から12月2日まで
公開価格決定日12月5日(6,060円に決定)
申込期間12月7日から12月12日まで
公募126,000株
売出し306,000株
OA64,800株
吸収金額30.5億円
想定価格6,130円


キャリアインデックスIPO主幹事のSBI証券

キャリアインデックスIPOの事業内容

キャリアインデックスは、転職情報サイト「CAREERINDEX」「FashionHR」、派遣・アルバイト情報サイト「Lacotto」及びスクール情報サイト「CAREERINDEXスクール」を運営しながら、ユーザーの情報をパートナー(取引先)各社に移送する集客代行事業を行っています。

また、キャリアインデックスでは、自社の事業モデルを「ポータルオブポータルズ」と呼び、豊富な情報量と利便性の高さを売りにしながら、効率よく転職活動等ができるように支援しています。

さらに、キャリアインデックス独自のサービスとして、厚生労働省が運営するハローワークインターネットサービスの求人情報をウェブサイトへ掲載し、ユーザーが必要情報を入力するだけでWeb応募出来る「キャリアポスト」サービスを運営しています。

キャリアインデックスIPOの業績

キャリアインデックスの業績

(※画像クリックで拡大)

キャリアインデックスIPOの業績は、概ね順調に推移していますが、やや頭打ちの状態にも見えますね。

キャリアインデックスのIPO評価

キャリアインデックスIPOは、何と言っても想定価格(6,130円)の高さが目を引きます。かなりの値がさだけに、上に行っても下に行っても値幅が大きく、それだけリスクを伴いますね。

また、キャリアインデックスIPOは、吸収金額が30.5億円(想定価格ベース)と大きめですが、想定価格も高いので、当選枚数はさほど多くありません。

ただし、キャリアインデックスIPOは、売出株が公募株の約2.4倍と多いことが気になります。ちなみに、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が見当たらない点はプラス要素ですね。

よって、キャリアインデックスのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。キャリアインデックスIPOは、公開価格を多少上回る可能性が高そうですが、値がさだけにリスクもやや大きいので、注意が必要だと思います。


にほんブログ村

キャリアインデックスIPOのその他情報はこちら

キャリアインデックスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

キャリアインデックスIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただ、主幹事のSBI証券は、落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるので、必ず申し込みます。

キャリアインデックスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB検討中
SMBC日興証券 BB検討中
マネックス証券 BB検討中
エース証券 口座なし
極東証券 口座なし


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社