Casa(7196)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の月曜日(10月16日)からスタートします。ただ、Casa(カーサ)IPOは東証2部で規模も大きいため、需給面に不安を感じます。

また、Casa(カーサ)IPOはにほんブログ村などでも全般的に評価が低いので、注目度も低そうですね。

Casa

Casa(東証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名Casa
コード7196
主幹事証券SMBC日興証券
大和証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SBI証券
いちよし証券
マネックス証券
SMBCフレンド証券
岡三証券
エース証券
岡三オンライン証券
上場日10月31日
仮条件決定日10月13日(2,060円~2,270円に決定)
ブックビルディング期間10月16日から10月20日まで
公開価格決定日10月23日(2,270円に決定)
申込期間10月24日から10月27日まで
公募220,000株
売出し3,015,000株
OA485,200株
吸収金額84.4億円
想定価格2,270円
初値価格初値決定後に追記

Casa(カーサ)IPOの事業内容

Casaは、10ヶ所の事業拠点(東京、札幌、仙台、千葉、静岡、名古屋、大阪、岡山、高松、福岡)において、家賃債務保証事業を全国展開しています。

また、Casaは家賃債務保証事業を補完するサービスとして、入居者向けに旅行や買い物などの様々な情報を提供する「入居者カフェ」や、自主管理家主向けにIT技術を活用して賃貸物件を管理できる不動産管理支援サービス「大家カフェ」などを運営しています。

さらに、Casaは物件を探している個人と物件の空室を埋めたい家主をマッチングさせる賃貸管理プラットフォーム「Casa Cloud(カーサクラウド)」も運営しています。

【株式会社Casa】イメージムービー

Casa(カーサ)IPOの業績

Casaの業績

(※画像クリックで拡大)

Casa(カーサ)IPOの売上高は概ね順調そうですが、利益はやや頭打ちといった印象を受けます。

CasaのIPO評価

Casaは、IPOで人気になりにくい東証2部案件で、規模(吸収金額84.4億円)も大きく、売出株(3,015,000株)も多いため、かなり厳しいと思います。

ただ、家賃債務保証事業は少子化や高齢化社会にマッチしていて、ニーズも高まりそうなので、ある程度の評価を得られそうです。

よって、CasaのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。Casa(カーサ)IPOは規模が大きく、売出株の多さもイメージが悪くて警戒されそうなため、公開価格付近で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Casa(7196)IPOのその他情報はこちら

Casa(カーサ)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

Casa(カーサ)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。Casa(カーサ)IPOは、比較的当選しやすいと思いますが、公開価格を割れる可能性もあるため、締め切り間際までじっくりと考えたいと思います。

ただ、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券だけは、必ず申し込む予定です。

Casa(カーサ)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB検討中
大和証券 (主幹事) BB検討中
野村證券 BB検討中
SBI証券 BB参加
いちよし証券 BB不参加
マネックス証券 BB検討中
SMBCフレンド証券 ネット口座での取扱いなし
岡三証券 BB不参加
エース証券 口座なし
岡三オンライン証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ