チエル(3933)IPOが、明日の3月22日にジャスダックスタンダード市場へ新規上場します。ようやく、3月18日の6社同時上場を終えたので、IPOの地合も落ち着きを取り戻しそうですね。

LITALICO(公募価格1,000円→初値価格1,880円)やグローバルグループ(公募価格2,000円→3,200円)など、テーマ性のあるIPO銘柄が人気化したため、教育ICT関連というテーマを持つチエルも良い流れに乗れるか注目です。

チエル

チエルIPOの直前初値予想

1,520円 (公募価格比:+710円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,000円~1,100円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,100円~1,300円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,600円)

※主幹事証券会社の引受価格:745.20円

チエルIPOの直前初値予想は、当初の通り1,520円で据え置きたいと思います。チエルIPOは吸収金額4.3億円(想定価格ベース)と小型なIPOで、教育ICT関連というテーマ性もあり、単独上場という点からも公募価格を上回る初値が付くと思います。

チエルIPOは、上手くハマればもっと高い初値が付く可能性もあると思います。まずは、公募価格1.5倍の1,215円を超えられるかがポイントになりそうです。


にほんブログ村

チエルIPOのその他初値予想はこちら

チエルIPOの初値決定前の気配運用

気配上限値段は、公募価格比2.3倍の1,863円で、更新値幅は41円で更新時間10分になります。

気配下限値段は、公募価格比0.75倍の608円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、203円以上で3,240円以下となります。

チエルIPOの幹事団入りをしているSMBC日興証券は、対象者全員に3,000円をプレゼントするネットで口座開設キャンペーンを実施中です。


↑口座開設キャンペーンの申込みはこちら↑


IPO・新規公開株 ブログランキングへ