チエル(3933)IPOは、本日(3月22日)ジャスダックスタンダード市場へ新規上場しましたが、初日は値付かずで場を終えました。

チエルIPOは、最近のテーマ性があるIPOの人気化という流れに上手く乗ったようです。上場二日目となる明日は即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)ですね。

チエル気配値

(※画像クリックで拡大)

チエルIPOは上記の通り、気配値上限の1,863円において、買い注文426,600株に対して、売り注文269,000株という状況で初日を終えています。

明日も本日と同様に単独上場という形になりますが、即金規制なので買い注文の減少が予想されます。また、約1.59倍の買い越しというのは若干弱めなので、通常なら早い時間に初値が付くと思います。

しかし、最近は値が付きそうなところで吊り上がっていくことも多いので、予想以上の初値高騰もあり得ると思います。

チエルIPO上場二日目の初値予想

2,100円 (公募価格比:+1,210円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,600円)

(※大手予想会社の初値予想最終版二日目:2,000円)

チエルIPOの初値は1,520円と予想していましたが、2,100円に上方修正したいと思います。本日大引け時点での合致点2,000円を少し上回ったところで初値形成する予想しています。

ちなみに、大手予想会社の初値予想も1,600円から2,000円に上方修正されています。


にほんブログ村

チエルIPOのその他初値予想はこちら

チエル(フル板)

(※画像クリックで拡大)

IPOでは、上記のようにフル板が見られると合致点などが確認できて何かと便利です。私は、カブドットコム証券のkabuステーションを利用しています。kabuステーションは、信用口座を開設すれば無料でフル板が見られるのでオススメです。

チエルIPOの初値決定前(2日目)の気配運用

気配上限値段は、最終気配価格比(1,863円)約2.3倍の4,285円で、更新値幅は94円で更新時間10分になります。

気配下限値段は、最終気配価格比(1,863円)0.75倍の1,398円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして注文受付価格の範囲は、466円以上7,460円以下となります。

チエルIPOの幹事団に名を連ねているSMBC日興証券は、対象者全員に3,000円をプレゼントするネットで口座開設キャンペーンを実施中です。


↑口座開設キャンペーンの申込みはこちら↑


IPO・新規公開株 ブログランキングへ