力の源ホールディングス(3561)IPOの新規上場が承認されました。力の源ホールディングスIPOは、3月21日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定になっています。

力の源ホールディングスIPOは、ラーメン専門店「一風堂」を運営している企業です。一風堂は以前から3月に新規上場すると報道されていたので、予定通りの新規上場ですね。

力の源ホールディングスIPOは、先ほどご紹介したインターネットインフィニティーIPOとの同時上場ですが、どちらも規模が小さめなので、それなりの人気を集めそうです。

力の源ホールディングス

力の源ホールディングス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名力の源ホールディングス
コード3561
主幹事証券野村證券
幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
マネックス証券
岡三証券
いちよし証券
丸三証券
西日本シティTT証券
カブドットコム証券
上場日3月21日
仮条件決定日3月1日(540円~600円に決定)
ブックビルディング期間3月2日から3月8日まで
公開価格決定日3月9日(600円に決定)
申込期間3月10日から3月15日まで
公募800,000株
売出し200,000株
OA150,000株
吸収金額6.2億円
想定価格540円
初値価格2,230円


力の源ホールディングスIPO幹事のマネックス証券

力の源ホールディングスIPOの概要

力の源ホールディングスIPOは、有名ラーメン店「一風堂」を中心に、ラーメンダイニング「五行」、福岡のまちのぱんやさん「ブレッドジャンクション」、博多うどん酒場「イチカバチカ」など、複数ブランドの飲食店を展開する国内外の子会社の経営管理及びそれに付帯又は関連する事業を行っています。

ラーメン専門店の「一風堂」は、かなりの人気店なので、利用したことがある方も多いと思います。飲食業は、IPOで人気とは言えませんが、知名度抜群なので注目度は高いと思います。

力の源ホールディングスIPOは、思っていたよりも規模(吸収金額6.2億円)が大きくなかったので、面白い存在になりそうです。ただ、想定価格が540円と安いので、あまり大きな利益は望めないですね。


にほんブログ村

力の源ホールディングスIPOのその他情報はこちら

力の源ホールディングスIPOの主幹事は野村証券で、平幹事にはお馴染みのSMBC日興証券マネックス証券が名を連ねています。


SMBC日興証券の公式サイト

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券も幹事団入りしているので、カブドットコム証券が委託幹事になる可能性も高そうです。⇒委託幹事りが正式発表されました。


カブドットコム証券の公式サイト

力の源ホールディングスIPOの初値予想

力の源ホールディングスIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月1日以降)に追記させていただきます。

1,230円⇒1,560円 (公開価格比:+960円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,100円~1,300円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,200円~1,400円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング