力の源ホールディングス(3561)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(3月2日)からスタートします。力の源ホールディングスIPOは、有名ラーメン店の「一風堂」を運営しているので、かなり注目されているようです。

力の源ホールディングスIPOは、インターネットインフィニティーIPOとの同時上場ですが、両方合わせても吸収金額は9億円(想定価格ベース)なので、資金分散の影響はないと思います。

力の源ホールディングス

力の源ホールディングス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名力の源ホールディングス
コード3561
主幹事証券野村證券
幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
マネックス証券
岡三証券
いちよし証券
丸三証券
西日本シティTT証券
カブドットコム証券
上場日3月21日
仮条件決定日3月1日(540円~600円に決定)
ブックビルディング期間3月2日から3月8日まで
公開価格決定日3月9日(600円に決定)
申込期間3月10日から3月15日まで
公募800,000株
売出し200,000株
OA150,000株
吸収金額6.2億円
想定価格540円
初値価格2,230円


力の源ホールディングスIPO幹事のマネックス証券

力の源ホールディングスIPOの事業内容

力の源ホールディングスは、博多ラーメン専門店「一風堂」などの複数ブランドを展開する「国内店舗運営事業」、海外で「IPPUDO」ブランドを中心に展開する「海外店舗運営事業」、そば・ラーメンの製麺及び卸販売を中心とする「国内商品販売事業」を主な事業としています。

中核ブランドの「一風堂」は、国内で81店舗を展開しており、誰もが知っているラーメン店と言っても過言ではありませんね。

また、力の源ホールディングスは世界各国への事業展開も積極的に進めており、「IPPUDO EXPRESS」「KURO-OBI」「GOGYO」など、「IPPUDO」に次ぐサブブランド・新ブランドの開発と展開にも力を注いでいます。

力の源ホールディングスIPOの業績

力の源ホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

力の源ホールディングスIPOの業績は、概ね順調に推移しているようです。

力の源ホールディングスのIPO評価

力の源ホールディングスは、誰もが知っている「一風堂」を運営しており、知名度の高さで人気を集めそうです。

また、力の源ホールディングスは、思っていたほど規模(吸収金額6.2億円)が大きくなく、想定価格(540円)も安いので、非常に手の出しやすい状況です。

よって、力の源ホールディングスのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。力の源ホールディングスは、想定価格が安いため、大きな利益は得られませんが、公開価格の2倍以上は狙えそうです。


にほんブログ村

力の源ホールディングスIPOのその他情報はこちら

力の源ホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

力の源ホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨むつもりです。主幹事の野村證券は相性が良い方なので、是非とも当選させていただきたいです。

また、毎年IPOに当選しているSMBC日興証券、100%完全抽選のマネックス証券、委託幹事入りが決定したカブドットコム証券にも期待しています。

力の源ホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
岡三証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
丸三証券 BB参加
西日本シティTT証券 口座なし
カブドットコム証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社