歯愛メディカル(3540)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(12月1日)から始まっています。歯愛メディカルIPOは、初めてTOKYO PRO Market(プロ投資家向けマーケット)から鞍替えしての新規上場となるので、やや判断が難しいですね。

また、歯愛メディカルIPOは4社同時上場というだけでなく、その中で規模も一番大きいため、需給面にかなり不安があります。

歯愛メディカル

歯愛メディカル(東証ジャスダックIPO)IPOの基本情報

銘柄名歯愛メディカル
コード3540
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
フィリップ証券
SBI証券
カブドットコム証券
上場日12月18日
仮条件決定日11月30日(3,210円~3,300円に決定)
ブックビルディング期間12月1日から12月7日まで
公開価格決定日12月8日(3,300円に決定)
申込期間12月11日から12月14日まで
公募0株
売出し1,000,000株
OA100,000株
吸収金額35.3億円
想定価格3,210円
初値価格4,030円

歯愛メディカルIPOの事業内容

歯愛メディカルは、歯科医院向け通販カタログ「Ciメディカル」、歯科技工所向け通販カタログ「DENTAL LABO」、介護&福祉施設向け通販カタログ「FreshCare」など、様々なカタログによる通信販売事業を展開しています。

歯愛メディカルは、低価格で高品質のオリジナル商品によって、歯科医院向けはもちろん、医療機関向け通販としても売上高No.1となり、現在では、全国歯科医院の約90%にあたる約7万軒の歯科医院と取引しています。

また、歯愛メディカルはその他事業として、CAD/CAM歯科技工物製作事業やデンタルマガジン出版事業、太陽光発電による電力事業、歯科医院や歯科技工所等を対象としたホームページ作成代行事業なども行っています。

歯愛メディカルIPOの業績

歯愛メディカルの業績

(※画像クリックで拡大)

歯愛メディカルIPOの業績は、概ね堅調に推移していて、特に問題なさそうです。

歯愛メディカルのIPO評価

歯愛メディカルは、IPOラッシュ期間中の4社同時上場で、想定価格ベースで吸収金額が35.3億円と規模も大きいため、資金分散の影響をモロに受けそうです。

また、歯愛メディカルは公募株ゼロの売出株のみで、やや値がさ(想定価格3,210円)という点からも、手を出しづらい印象です。

よって、歯愛メディカルのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。歯愛メディカルIPOは、業績こそ好調ですが人気の事業とは言えず、需給面も懸念材料が満載なので、初値が公開価格を割れる可能性もありそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

歯愛メディカルIPOのその他情報はこちら

歯愛メディカルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

歯愛メディカルIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。歯愛メディカルIPOは、やや規模が大きいので当選確率もやや高まりますが、当選欲しさに手を出すのは危険だと思います。

ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込む予定です。

歯愛メディカルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB不参加
大和証券 BB不参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB不参加
フィリップ証券 口座なし
SBI証券 BB参加
カブドットコム証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ