コンヴァノ(6574)IPOの新規上場が承認されました。コンヴァノIPOは、4月11日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定になっています。

コンヴァノIPOの主幹事は、ブティックスIPOビーブラッツIPOでも主幹事を務めている野村證券です。少し間が空きましたが、4月のIPOもまずまず良いペースで新規承認されていますね。

コンヴァノ

コンヴァノ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名コンヴァノ
コード6574
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
大和証券
SMBC日興証券
いちよし証券
東海東京証券
SBI証券
マネックス証券
上場日4月11日
仮条件決定日3月20日(890円~930円に決定)
ブックビルディング期間3月23日から3月29日まで
公開価格決定日3月30日(930円に決定)
申込期間4月3日から4月6日まで
公募75,000株
売出し755,000株
OA124,500株
吸収金額8.5億円
時価総額19.7億円
想定価格890円→公開価格:930円
初値価格2,189円


コンヴァノIPO幹事のマネックス証券

コンヴァノIPOの概要

コンヴァノIPOは、ネイルサロン業界で最高のおもてなしを提供する圧倒的なリーディングカンパニーになることを目指し、ネイルサロン「FASTNAIL(ファストネイル)」をチェーン展開しています。

また、コンヴァノIPOはブランドサイト「Legaly(レガリー)」で、オリジナルのネイル&ハンドケア商品の販売も行っています。

コンヴァノIPOは、ビーブラッツIPOから1週間空けての新規上場で、規模(吸収金額8.5億円)も小さいため、需給面で注目されそうです。

ネイルサロン事業はIPO向きとは言えず、売出株が公募株の10倍以上というのも気になりますが、マザーズの小型IPOというだけで、それなりの人気は集めそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

コンヴァノIPOのその他情報はこちら

注目の幹事証券

コンヴァノIPOの幹事団には、ファイバーゲートIPOなどで主幹事を務めているSMBC日興証券と、RPAホールディングスIPOで主幹事を務めているSBI証券が名を連ねています。


また、100%完全抽選で誰にでも平等に当選のチャンスがあるマネックス証券も幹事団入りしています。

コンヴァノIPOの初値予想

コンヴァノIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月20日以降)に追記させていただきます。

2,000円→2,500円 (公開価格比:+1,570円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,150円~1,350円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,300円~1,500円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:1,700円~2,000円)

(※大手予想会社の初値予想第四弾:1,850円~2,150円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング