CREロジスティクスファンド投資法人(3487)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の1月24日からスタートします。CREロジスティクスファンド投資法人は、今年初のREIT(リート)IPOになります。

CREロジスティクスファンド投資法人IPOは、REIT(リート)ではありますが、今年初のIPOなので少しでも良いスタートを切ってほしいですね。

CREロジスティクスファンド投資法人

CREロジスティクスファンド投資法人(東証リートIPO)のIPO基本情報

銘柄名CREロジスティクスファンド投資法人
コード3487
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)野村證券
大和証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
カブドットコム証券
上場日2月7日
仮条件決定日1月23日(108,000円~110,000円に決定)
ブックビルディング期間1月24日から1月29日まで
公開価格決定日1月30日(110,000円に決定)
申込期間1月31日から2月5日まで
公募161,150口
売出し41,900口
OA10,153口
吸収金額230億円
時価総額249.6億円
想定価格108,000円→公開価格:110,000円
初値価格104,500円

CREロジスティクスファンド投資法人IPOの事業内容

CREロジスティクスファンド投資法人は、スポンサーであるCREグループの総合力が生み出すテナントニーズに応える良質な物流関連施設を取得し、保有・運用することで、投資主価値の最大化のみならず、日本の物流機能の発展に貢献することを目指しています。

ちなみに、スポンサーのCREは物流施設中心型PM会社として、国内受託面積ランキング2位の管理実績を誇っています。(注:ランキングは、任意のアンケートに回答した一部の物流施設中心型PM会社の中での順位を示すものです。)

CREロジスティクスファンド投資法人は、ロジスクエアに重点をおいたポートフォリオの構築を目指しています。ちなみに、ロジスクエアとはテナントニーズを満たすために必要である、立地、基本仕様、拡張性及び快適性を備えた物流関連施設を指す名称です。

CREロジスティクスファンド投資法人IPOのポートフォリオ

CREロジスティクスファンド投資法人のポートフォリオ
CREロジスティクスファンド投資法人のポートフォリオ

(※画像クリックで拡大)

CREロジスティクスファンド投資法人の鑑定NOI利回りは、5.0%とまずまずの数値なので、一定の評価は得られそうです。

CREロジスティクスファンド投資法人のIPO評価

CREロジスティクスファンド投資法人IPOの吸収金額は、想定価格ベースで230億円ですが、REIT(リート)としてはさほど大きくありません。

また、CREグループのスポンサー力は微妙な印象ですが、物流系という点はプラスに働くと思います。

よって、CREロジスティクスファンド投資法人のIPO評価は、Cが妥当だと考えています。CREロジスティクスファンド投資法人IPOは、全般的に可もなく不可もなくといった感じですが、今年のREIT(リート)IPO第一弾なので、初値は公開価格を若干上回ると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

CREロジスティクスファンド投資法人IPOのその他情報はこちら

CREロジスティクスファンド投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

CREロジスティクスファンド投資法人IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加するつもりです。主幹事のSMBC日興証券は、やや相性が悪くなってきたので、ここで当選して相性の良さを復活させたいところです。

CREロジスティクスファンド投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
野村證券 ネット口座での取扱いなし
大和証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 ネット口座での取扱いなし
カブドットコム証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社