クロスフォー(7810)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日(6月30日)からスタートします。

クロスフォーIPOは、ジェイ・エス・ビーIPOとの同時上場ですが、今のところその後のIPOが新規承認されていないので、さほど気にする必要は無いと思います。

ただ、クロスフォーIPOはジャスダック案件で、想定価格(720円)も安いため、あまり大きな利益は得られそうにありませんね。

クロスフォー

クロスフォー(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名クロスフォー
コード7810
主幹事証券みずほ証券
幹事証券SMBC日興証券
SBI証券
野村證券
岩井コスモ証券
水戸証券
マネックス証券
上場日7月20日
仮条件決定日6月28日(710円~730円に決定)
ブックビルディング期間6月30日から7月6日まで
公開価格決定日7月7日(730円に決定)
申込期間7月11日から7月14日まで
公募1,500,000株
売出し0株
OA225,000株
吸収金額12.4億円
想定価格720円
初値価格1,051円

クロスフォーIPOの事業内容

クロスフォーは、特許技術である「Dancing Stone」を用いて、その独自の技術を利用した国内向けジュエリー・アクセサリー製品の製造販売と、海外向けパーツの製造販売を主な事業として展開しています。

ちなみに、「Dancing Stone」は、日本、米国、中国、カナダ、オーストラリア、欧州、韓国、台湾、ロシアにおいて特許を取得しており、その他10か国以上において特許申請中のようです。

国内向け製品製造販売では、主に宝飾品の卸・小売業者からのOEM受注により、「Dancing Stone」の技術を使用した各社ブランドのジュエリー・アクセサリー製品を製造販売しています。

また、クロスフォーのブランド製品は、「Dancing Stone」の技術や、「クロスフォーカット」の技法を採用したキュービックジルコニア等を用い、クロスフォーのオリジナルアクセサリー製品として、宝飾品の卸・小売業者へ販売しております。

海外向けパーツ販売では、特許技術である「Dancing Stone」を用いた製品の製造に必要なパーツを海外市場へ向けて販売しています。

クロスフォーIPOの業績

クロスフォーの業績

(※画像クリックで拡大)

クロスフォーの業績は、右肩上がりで伸びているようです。ただし、2017年7月期の業績は、増収減益の見通しになっています。

クロスフォーのIPO評価

クロスフォーは、上場市場がジャスダックで、規模(吸収金額12.4億円)も小さくなく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株もやや気になるため、需給面に優位性は感じられません。

また、ジュエリー・アクセサリー製品の製造販売という事業内容も新鮮味に欠けますが、公募株のみで業績も悪くないため、それなりの評価は得られそうです。

よって、クロスフォーのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。クロスフォーIPOは、公開価格を上回る可能性が高そうですが、多少の利益が得られる程度だと予想しています。


にほんブログ村

クロスフォーIPOのその他情報はこちら

クロスフォーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

クロスフォーIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加するつもりです。

クロスフォーIPOは、当選枚数が比較的多いため、主幹事のみずほ証券だけでなく、平幹事のSMBC日興証券SBI証券マネックス証券などでもチャンスがありそうです。

クロスフォーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
野村證券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
水戸証券 口座なし
マネックス証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社