デファクトスタンダード(3545)IPOの幹事証券会社ごとの割当数が決定しました。デファクトスタンダードIPOは、ブランド品宅配買取サイト「ブランディア」を運営している企業ということで注目されていますね。

また、デファクトスタンダードは約1ヶ月ぶりのIPOという点からも、良い初値が期待できそうです。

デファクトスタンダード

そして、デファクトスタンダードIPOの割当数は以下の通りになっています。

デファクトスタンダードIPOの割当数
幹事証券会社 割当数 割当比率 優先度
大和証券 (主幹事) 990,000株 90% A
SMBC日興証券 33,000株 3% B
エース証券 22,000株 2%
藍澤証券 11,000株 1%
いちよし証券 11,000株 1%
岩井コスモ証券 11,000株 1% C
SBI証券 11,000株 1% B
極東証券 11,000株 1%
合計 1,100,000株 100%


↑SBI証券の公式サイト↑


にほんブログ村

デファクトスタンダードIPOのその他情報はこちら

デファクトスタンダードIPOは中規模(吸収金額20.6億円)なので当選枚数も多めですが、主幹事の大和証券が割当数の90%を占めています。よって、是非とも大和証券で当選をゲットしたいところです。

また、平幹事の中で当選枚数の多そうなSBI証券SMBC日興証券にも、微かな期待をかけたいですね。

さらに、岩井コスモ証券はIPO後期型なので、なるべく申し込むことをオススメします。ちなみに、私はすでに上記の証券会社へのBB(ブックビルディング)を完了しています。

デファクトスタンダードIPOのBB(ブックビルディング)が済んでいない方は、締切が迫っているのでお早めに申し込んで下さい。


↑SMBC日興証券の公式サイト↑


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

IPO証券会社ランキング