デジタルアイデンティティ(6533)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の8月29日(月)からスタートします。

デジタルアイデンティティIPOは、カナミックネットワークIPO串カツ田中IPOとの3社同時上場ですが、それでも良い初値が付きそうな雰囲気ですね。

デジタルアイデンティティ

デジタルアイデンティティ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名デジタルアイデンティティ
コード6533
主幹事証券みずほ証券
幹事証券SBI証券
SMBC日興証券
マネックス証券
岡三証券
いちよし証券
エース証券
上場日9月14日
仮条件決定日8月25日(1,400円~1,540円に決定)
ブックビルディング期間8月29日から9月2日まで
公開価格決定日9月5日(1,540円に決定)
申込期間9月6日から9月9日まで
公募130,000株
売出し230,500株
OA54,000株
吸収金額6.4億円
想定価格1,540円


↑デジタルアイデンティティIPOで幹事を務めるSBI証券

デジタルアイデンティティIPOの事業内容

デジタルアイデンティティIPOは、クライアント企業のデジタルマーケティング施策に関するトータルソリューションを提供する「デジタルマーケティング事業」と、占いを主要カテゴリーとしたネイティブアプリの企画・開発・運営を中心に行う「ライフテクノロジー事業」を手掛けている企業です。

特に、デジタルマーケティング事業においては、オリジナルメソッド「アイデンティティ設計」を用いた戦略立案や運用が強みです。

また、ライフテクノロジー事業の主力サービスである「チャットで話せる占いアプリ・ウラーラ」は、占い師とユーザー間のリアルタイムコミュニケーションによる占い鑑定を可能にしたアプリとして人気を集め、26万件を超える鑑定実績を誇っています。

デジタルアイデンティティIPOの業績

デジタルアイデンティティの業績

(※画像クリックで拡大)

デジタルアイデンティティIPOの業績は、理想的な右肩上がりで、急激に伸びている印象です。

デジタルアイデンティティのIPO評価

デジタルアイデンティティは、吸収金額が6.4億円(想定価格ベース)と小さく、IT関連のマザーズIPOと言う点からも、需給面に問題は無さそうです。

ただし、デジタルアイデンティティIPOは、カナミックネットワークIPO串カツ田中IPOとの3社同時上場なので、多少の資金分散が不安材料です。

しかし、デジタルアイデンティティIPOは、三銘柄の中でも規模が小さく、想定価格も手ごろなので、あまり心配する必要は無さそうですね。

よって、デジタルアイデンティティのIPO評価はAが妥当だと考えています。デジタルアイデンティティIPOは、状況次第で初日値付かずの可能性もあり、十分に高い初値が付きそうです。


にほんブログ村

デジタルアイデンティティIPOのその他情報はこちら

デジタルアイデンティティIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

デジタルアイデンティティIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨む予定です。

主幹事のみずほ証券はもちろんのこと、平幹事の中で一番配分数の多さそうなSBI証券、個人的に相性抜群のSMBC日興証券、LINE(3938)IPOに当選したマネックス証券にも期待しています。


↑SBI証券の公式サイト↑

デジタルアイデンティティIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
岡三証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
エース証券 口座無し


↑SMBC日興証券の公式サイト↑


↑マネックス証券の公式サイト↑

10月以降も次々とIPOが新規承認されると思いますので、今のうちに新たな証券口座を準備しておきましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ