ディーエムソリューションズ(6549)IPOのBB(ブックビルディング)が、6月1日からスタートします。

ディーエムソリューションズIPOとビーブレイクシステムズIPOの主幹事はSBI証券なので、どちらかでIPOチャレンジポイントを使って勝負される方も多そうですね。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

ディーエムソリューションズ

ディーエムソリューションズ(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名ディーエムソリューションズ
コード6549
主幹事証券SBI証券
幹事証券野村證券
みずほ証券
岩井コスモ証券
エイチ・エス証券
エース証券
岡三証券
高木証券
水戸証券
藍澤證券
SMBCフレンド証券
極東証券
東洋証券
岡三オンライン証券
上場日6月20日
仮条件決定日5月30日(2,300円~2,500円に決定)
ブックビルディング期間6月1日から6月7日まで
公開価格決定日6月8日(2,500円に決定)
申込期間6月12日から6月15日まで
公募100,000株
売出し97,000株
OA29,000株
吸収金額4.9億円
想定価格2,170円
初値価格7,100円


ディーエムソリューションズIPO主幹事のSBI証券

ディーエムソリューションズIPOの事業内容

ディーエムソリューションズは総合マーケティング企業として、リアルな広告媒体であるダイレクトメール事業と、バーチャルなネット媒体を活用したインターネット事業を、ユーザーに最適な形で「つなぐ」ことにより、2つの事業を成長させながら、さらなる企業価値の向上を目指しています。

ダイレクトメール事業では、4,500法人以上の取引実績をベースに、ダイレクトメールの目的に合わせたデザインから発送まで一貫体制でサービスを提供しています。

インターネット事業では、SEO、コンテンツマーケティング、運用型広告、WEBサイト制作などのデジタルマーケティングサービスや、マッチングメディア及び記事系メディアなどの運営を行うバーティカルメディアサービスなどを提供しています。

ディーエムソリューションズIPOの業績

ディーエムソリューションズの業績

(※画像クリックで拡大)

ディーエムソリューションズIPOの売上は概ね順調に推移していますが、利益には多少のバラつきがありますね。ただ、今期の利益は大幅にアップしそうなので、特に問題ないと思います。

ディーエムソリューションズのIPO評価

ディーエムソリューションズIPOは、上場市場がジャスダックスタンダードですが、単独上場で規模(4.9億円)も小さいため、間違いなく人気化すると思います。

また、主力事業のダイレクトメール事業はインパクトに欠けますが、IT系の側面も持ち合わせているため、一定の評価を得られそうです。

よって、ディーエムソリューションズのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。ディーエムソリューションズIPOは需給面だけ見ても、初値高騰の可能性が高そうです。


にほんブログ村

ディーエムソリューションズIPOのその他情報はこちら

ディーエムソリューションズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ディーエムソリューションズIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込むつもりです。主幹事がSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使うか悩みどころですが、100株配分が濃厚なので、私はポイントは使わずに少ない資金で勝負するつもりです。

また、ディーエムソリューションズIPOは規模が小さいわりに幹事証券数が多いので、岡三オンライン証券岩井コスモ証券野村證券など、ネットから申し込める証券会社全てにBB(ブックビルディング)する予定です。

ディーエムソリューションズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
みずほ証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
エイチ・エス証券 BB参加
エース証券 口座なし
岡三証券 BB参加
高木証券 口座なし
水戸証券 口座なし
藍澤證券 口座なし
SMBCフレンド証券 ネットでの取扱いなし
極東証券 口座なし
東洋証券 ネットでの取扱いなし
岡三オンライン証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社