デュアルタップ(3469)IPOが、明日(21日)ジャスダックスタンダード市場に新規上場します。デュアルタップIPOは、LINE(ライン)IPOから約1週間を経ての上場なので、注目度は高そうですね。

デュアルタップ

デュアルタップIPO上場直前の初値予想

1,750円 (公開価格比:+640円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,300円~1,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,500円~1,700円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:2,000円)

※主幹事証券会社の引受価格:1,021.20円

デュアルタップIPOの直前初値予想は、以前から予想していた1,750円で据え置きたいと思います。不動産事業はIPO的に人気化しづらいですが、規模(吸収金額5.4億円)が小さいことから、公開価格をしっかりと上回る初値が付きそうです。

しかし、デュアルタップIPOはインソースIPOとの同時上場なので、多少は資金分散の影響を受けるかもしれません。ただ、このところの相場は回復基調なので、予想以上に資金が集中すれば、もっと初値が跳ぶ可能性もありそうです。


にほんブログ村

デュアルタップIPOのその他初値予想はこちら

デュアルタップIPO初値決定前の気配運用

気配上限値段は、公募価格比2.3倍の2,553円で、更新値幅は56円で更新時間10分になります。

気配下限値段は、公募価格比0.75倍の833円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、278円以上で4,440円以下となります。


8月以降はIPO閑散期に入りそうなので、この機会に証券口座を増やして、今年後半のIPOラッシュに備えましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ