エコモット(3987)IPOの新規上場が承認されました。エコモットIPOは、6月21日に札幌証券取引所アンビシャス市場へ新規上場する予定になっています。

今年、札幌証券取引所アンビシャス市場への単独上場は、フュージョンIPOに続いて2銘柄目ですね。また、主幹事もフュージョンIPOと同様に岡三証券が務めることになっています。

エコモット

エコモット(札証アンビシャスIPO)のIPO基本情報

銘柄名エコモット
コード3987
主幹事証券岡三証券
幹事証券SMBC日興証券
SBI証券
上光証券
松井証券
SMBCフレンド証券
エイチ・エス証券
上場日6月21日
仮条件決定日5月31日(2,470円~2,730円に決定)
ブックビルディング期間6月2日から6月8日まで
公開価格決定日6月9日(2,730円に決定)
申込期間6月13日から6月16日まで
公募12,000株
売出し150,000株
OA24,000株
吸収金額4.7億円
想定価格2,500円
初値価格4,195円


エコモットIPO幹事のSMBC日興証券

エコモットIPOの概要

エコモットIPOは、IoTソリューションの企画及びこれに付随する端末製造や、通信インフラ及びアプリケーション開発並びにクラウドサービスの運用・保守に関する業務など、IoTインテグレーション事業を行っている企業です。

また、エコモットIPOは「あなたの「見える」を、みんなの安心に。」をコーポレートスローガンに、IoTを通じてより安心な社会の実現を目指しています。

エコモットIPOは、地方上場(札幌証券取引所アンビシャス)案件ですが、IT系の小型(吸収金額4.7億円)IPOなので、かなりの人気を集めそうです。

同じく札証アンビシャスに新規上場したフュージョンIPOは、公開価格1,140円に対して2,872円の初値を付けました。

エコモットIPOは、フュージョンIPOほど小型ではありませんが、それでも十分に期待出来そうです。


にほんブログ村

エコモットIPOのその他情報はこちら

エコモットIPOの幹事団には、IPOの取扱銘柄数でトップを競い合っているSMBC日興証券SBI証券が名を連ねています。


SMBC日興証券


SBI証券

また、IPOの取扱いが徐々に増えている松井証券も幹事団入りしています。


松井証券

エコモットIPOの初値予想

エコモットIPOの初値予想は、仮条件決定後(5月31日以降)に追記させていただきます。

6,500円 (想定価格比:+3,500円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:5,400円~6,200円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:5,500円~6,300円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング