エコモット(3987)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の6月2日から始まります。

エコモットIPOは、地方上場(札幌証券取引所アンビシャス市場)という点が少し気掛かりですが、単独上場で規模(吸収金額4.7億円)も小さいため、それなりの人気を集めそうです。

ただ、前日に新規上場するディーエムソリューションズIPOが初日値付かずになると、実質的な同時上場となるため、やや影響を受けるかもしれません。

エコモット

エコモット(札証アンビシャスIPO)のIPO基本情報

銘柄名エコモット
コード3987
主幹事証券岡三証券
幹事証券SMBC日興証券
SBI証券
上光証券
松井証券
SMBCフレンド証券
エイチ・エス証券
上場日6月21日
仮条件決定日5月31日(2,470円~2,730円に決定)
ブックビルディング期間6月2日から6月8日まで
公開価格決定日6月9日(2,730円に決定)
申込期間6月13日から6月16日まで
公募12,000株
売出し150,000株
OA24,000株
吸収金額4.7億円
想定価格2,500円
初値価格4,195円


エコモットIPO幹事のSMBC日興証券

エコモットIPOの事業内容

エコモットは、IoTソリューションの企画及びこれに付随する端末製造、通信インフラ、アプリケーション開発並びにクラウドサービスの運用・保守に関する業務をワンストップで提供するIoTインテグレーション事業を展開している企業です。

また、エコモットのインテグレーションソリューションは、独自のIoTプラットフォーム「FASTIO」をベースに提供されています。

エコモットは、融雪システム遠隔監視ソリューション「ゆりもっと」、建設情報化施工支援ソリューション「現場ロイド」、交通事故削減ソリューション「Pdrive」、自然災害の予兆を見える化する「災害検知ソリューション」など、IoTに関連した様々なソリューションを提供しています。

エコモットIPOの業績

エコモットの業績

(※画像クリックで拡大)

エコモットIPOの売上高は右肩上がりで伸びていますが、利益は結構バラついていますね。

エコモットのIPO評価

エコモットIPOは、規模(吸収金額4.7億円)が小さく、IoTクラウドというテーマ性もあるため、需給面は良好だと思います。

ただ、エコモットIPOは地方上場なので小型とまでは言い切れず、売出株の多さやVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も少し気になります。

よって、エコモットのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。エコモットIPOは、多少の懸念材料がありますが、IPOで人気のある事業内容なので、公開価格の2倍程度は狙えると予想しています。


にほんブログ村

エコモットIPOのその他情報はこちら

エコモットIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

エコモットIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨む予定です。主幹事の岡三証券はもとより、IPO幹事常連のSMBC日興証券SBI証券も必ず申し込むつもりです。また、穴場的な松井証券も秘かに期待しています。

エコモットIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
岡三証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
上光証券 口座なし
松井証券 BB参加
SMBCフレンド証券 ネットでの取扱いなし
エイチ・エス証券 BB参加

(注)SMBC日興証券エイチ・エス証券は、札幌証券取引所(アンビシャス含む)に上場する銘柄の新規上場後の売買注文がインターネットから出来ず、電話のみなのでご注意下さい。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社