エディア(3935)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の3月30日から(4月5日まで)始まります。

4月のIPOは、いまのところREIT(リート)IPOを含めて6社で、エディアはその中でも人気を集めそうな期待の銘柄です。

エディア

エディア(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名エディア
コード3935
主幹事証券SBI証券
幹事証券SMBCフレンド証券
極東証券
みずほ証券
岩井コスモ証券
岡三証券
高木証券
東洋証券
マネックス証券
水戸証券
岡三オンライン証券
上場日4月15日
仮条件決定日3月28日(1,510円~1,630円に決定)
ブックビルディング期間3月30日から4月5日まで
公募価格決定日4月6日(1,630円に決定)
公募160,000株
売出し83,000株
OA36,400株
吸収金額4.2億円
想定価格1,510円

エディアIPOの事業内容

エディアは、「SMART MEDIA COMPANY」を企業コンセプトに掲げながら、スマートフォンなどのモバイル向けコンテンツサービスの企画・開発・運用を行うモバイルインターネットサービスを主たる事業としている企業です。

また、エディアは「ゲームサービス」と「ライフサポートサービス」という特性の異なるサービスと収益モデルを組み合わせることで、成長性と安定性を両立した事業基盤を築いています。

ゲームサービスの主なタイトルは、「魔雀ヴィーナスバトル」や「ヴィーナス†ブレイド」などで、ライフサポートサービスの主なタイトルは、「超らーめんナビ」や「超速ロト・ナンバーズ」などが挙げられています。

エディアの業績

(※画像クリックで拡大)

エディアの業績は、2期前に大きく沈んでいますが、今期は順調に推移しているようです。しかし、ゲーム系企業だけに波が荒い印象はあります。

エディアのIPO評価

エディアIPOは、吸収金額が4.2億円(想定価格ベース)と小さく、東証マザーズのネット系という点からも高い初値が可能性が高いと思います。ただし、ゲーム系IPOに一時の勢いはなく、業績もヒット作の有無に大きく左右されることが懸念材料です。

よって、エディアIPOの評価はAが妥当だと考えています。ゲーム系という事業内容と業績には一抹の不安がありますが、単独上場で当選枚数も少ないことから、需給面で公募価格をかなり上回る初値が期待できると思います。

エディアIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

エディアIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントの利用も考えていますが、私の保有ポイントではまだ足りなさそうです。(※SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

エディアIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB申し込む
SMBCフレンド証券 口座無し
極東証券 口座無し
みずほ証券 BB申し込み
岩井コスモ証券 BB申し込み
岡三証券 BB申し込み
高木証券 口座無し
東洋証券 口座なし
(ネット口座での取り扱いは無し)
マネックス証券 BB申し込み
水戸証券 口座無し

↓SBI証券の無料口座開設はこちら↓

↓IPOにオススメの証券会社ランキング↓


にほんブログ村

エディアIPOのその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ