エディア(3935)IPOが、明日(4月15日)東証マザーズ市場へ新規上場します。エディアIPOは、4月8日に新規上場した丸八ホールディングス(3504)から1週間空いての単独上場となるので、かなりの人気を集めそうですね。

エディア

エディアIPOの上場直前初値予想

3,260円 (公募価格比:+1,630円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,000円~3,600円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,500円~3,000円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:2,500円)

※主幹事証券会社の引受価格:1499.60円

エディアIPOの初値予想は、以前から掲載していた3,260円で据え置きたいと思います。大手予想会社は徐々に初値予想金額を引き下げていますが、私は吸収金額4.2億円(想定価格ベース)と小さく、スケジュールにも余裕があることから、少し強気の予想にしてみました。

初値が飛びにくいと言われているSBI証券が主幹事であることやVC(ベンチャーキャピタル)の保有株が多いことなどが懸念材料ですね。ロックアップ対象のVC株は、公募価格の1.5倍(2,445円)で解除されるため、2,445円が最初の目安になりそうです。


にほんブログ村

エディアIPOのその他初値予想はこちら

エディアIPOの初値決定前の気配運用

気配上限値段は、公募価格比2.3倍の3,750円で、更新値幅は82円で更新時間10分になります。

気配下限値段は、公募価格比0.75倍の1,223円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、408円以上で6,520円以下となります。


エディアIPOの主幹事を務めるSBI証券は、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えます。ポイントを貯めていけば、誰でもいずれはIPOをゲット出来るので、早めの口座開設をオススメします。⇒(SBI証券のIPOルールと詳細解説


↑SBI証券の無料口座開設はこちら↑


IPO・新規公開株 ブログランキングへ