イントラスト(7191)IPOの仮条件が発表されました。12月の上旬は、インフラファンドIPOを除くと、イントラストIPOとグッドコムアセットIPOの2社しか新規上場しないので、日程には恵まれていますね。

イントラスト

イントラストIPOの関連記事

イントラストIPOのBBスタンスとIPO評価

イントラストIPOの新規上場を承認

イントラストIPOの仮条件

570円~630円

イントラストIPOの仮条件は、想定価格の630円を上限に、やや下方に拡げたレンジになっています。イントラストIPOの仮条件は、想定価格を挟んで、もう少し強めになるかと思いましたが、弱気というほどでもないので、特に問題はありません。


イントラストIPOで委託幹事入りしたマネックス証券

イントラストIPOの初値予想

730円 (想定価格比:+100円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:700円~800円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:800円~900円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:900円~1,050円)

イントラストIPOの初値は、公開価格をわずかに上回る程度と予想しています。イントラストIPOは、規模(吸収金額16.4億円)の大きさと、ストックオプション(新株予約権)の多さ(1,099,000株)が懸念されているので、ややプラスになれば上出来だと思います。


にほんブログ村

イントラストIPOのその他初値予想はこちら

イントラストIPOの幹事団

イントラストIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 大和証券
SMBCフレンド証券
いちよし証券
今村証券
SBI証券
マネックス証券

主幹事のみずほ証券は、当選配分数が200株なので、ここで当選できれば美味しいですね。また、イントラストIPOは当選枚数が比較的多いので、平幹事の大和証券、SBI証券マネックス証券なども、当選のチャンスがありそうです。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社