イントラスト(7191)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が発表されました。イントラストIPOは、中規模(吸収金額16.4億円)で想定価格(630円)が安いため、当選枚数はやや多めです。

また、イントラストIPOの主幹事はみずほ証券で、当選配分数は200株になります。イントラストIPOは、想定価格が安くて、評価もそれほど高くありませんが、みずほ証券で200株配分されれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎになるかもしれませんね。

イントラスト

イントラストIPOの基本情報

イントラストIPOの初値予想

イントラストIPOのBBスタンスとIPO評価

イントラストIPOは、にほんブログ村でも評価が割れていて悩ましい銘柄です。私は、想定価格が安くて下値リスクも小さそうなので、前向きに参加するつもりです。

ただ、イントラストIPOは多少のリスクがあり、初値が跳ねるような銘柄でもないため、無理をしてまで申し込む必要はないと思います。


にほんブログ村

イントラストIPOのBB(ブックビルディング)は、本日(21日)からスタートします。申し込まれる方は、各幹事証券の配分数(割当数)を参考にしながら、BB(ブックビルディング)して下さい。

イントラストIPOの配分数

イントラストIPOの配分数
幹事証券会社 配分数 配分比率 優先度
みずほ証券 (主幹事) 1,858,000株 82% A
大和証券 226,600株 10% B
SMBCフレンド証券 113,300株 5%
いちよし証券 22,700株 1%
今村証券 22,700株 1%
SBI証券 22,700株 1% C
マネックス証券 -株 -%
合計 2,266,000株 100%


誰にでも平等に当選のチャンスがあるマネックス証券

主幹事のみずほ証券は、当選すれば200株配分なので、まずはここでの当選を目指したいですね。平幹事では、大和証券が配分数(割当数)の10%を占めているので、そこそこチャンスがありそうです。

また、SBI証券は抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるので、必ず申し込むことをオススメします。マネックス証券は、委託幹事なので当選枚数が少なそうですが、100%完全抽選なので余裕があれば押さえておきたいところです。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社