フェイスネットワーク(3489)IPOの新規上場が承認されました。フェイスネットワークIPOは、3月16日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定になっています。

フェイスネットワークIPOは、先週末に新規承認された日総工産IPOとの同時上場になります。今週は、3月後半のIPOラッシュに向けて、まだまだIPOが新規承認されそうなので楽しみですね。

フェイスネットワーク

フェイスネットワーク(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名フェイスネットワーク
コード3489
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
みずほ証券
岡三証券
エース証券
むさし証券
藍澤證券
マネックス証券
岡三オンライン証券
上場日3月16日
仮条件決定日2月27日
ブックビルディング期間2月28日から3月6日まで
公開価格決定日3月7日
申込期間3月8日から3月13日まで
公募800,000株
売出し400,000株
OA180,000株
吸収金額18.5億円
時価総額64.3億円
想定価格1,340円
初値価格初値決定後に追記


フェイスネットワークIPO幹事のSMBC日興証券

フェイスネットワークIPOの概要

フェイスネットワークIPOは、投資用不動産の企画・開発・建築請負・販売及び管理等を行っています。

フェイスネットワークIPOでは、効率的な不動産投資が可能な一般市場には出回っていない非公開物件を多数用意しており、他エリアとの比較で評判の高い「城南3区(世田谷区、目黒区、渋谷区)」はもちろん、その他のエリアでも多くの実績を誇っています。

フェイスネットワークIPOは日総工産IPOとの同時上場で、規模(吸収金額18.5億円)もそこそこあるため、需給面はやや微妙な印象です。

また、不動産事業もIPOで人気とは言えませんが、業績は好調そうなので一定の評価は得られそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

フェイスネットワークIPOのその他情報はこちら

注目の幹事証券

フェイスネットワークIPOの幹事団には、毎年IPOの取扱銘柄数でトップを競い合っているSMBC日興証券SBI証券が名を連ねています。


また、100%完全抽選なので抽選配分数が多くなる傾向にあるマネックス証券も幹事団入りしています。


さらに、岡三証券も幹事団入りしているので、岡三オンライン証券が委託幹事入りする可能性も高そうです。←正式に決定しました!

フェイスネットワークIPOの初値予想

フェイスネットワークIPOの初値予想は、仮条件決定後(2月27日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング