フェイスネットワーク(3489)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(2月28日)からスタートします。フェイスネットワークIPOは日総工産IPOとの同時上場なので、需給面に不安があります。

ただ、フェイスネットワークIPOの方が小型で人気を集めそうなため、資金分散の影響も比較的小さそうです。

フェイスネットワーク

フェイスネットワーク(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名フェイスネットワーク
コード3489
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
みずほ証券
岡三証券
エース証券
むさし証券
藍澤證券
マネックス証券
岡三オンライン証券
上場日3月16日
仮条件決定日2月27日(1,340円~1,400円に決定)
ブックビルディング期間2月28日から3月6日まで
公開価格決定日3月7日(1,400円に決定)
申込期間3月8日から3月13日まで
公募800,000株
売出し400,000株
OA180,000株
吸収金額18.5億円
時価総額64.3億円
想定価格1,340円→公開価格:1,400円
初値価格3,200円

フェイスネットワークIPOの事業内容

フェイスネットワークは、「我々は一人一人の夢の実現をサポートするワンストップパートナーであり続けます」という経営理念のもと、城南3区(世田谷区、目黒区、渋谷区)を中心に、不動産投資支援事業と不動産マネジメント事業を展開しています。

不動産投資支援事業では、不動産投資用の新築一棟マンションとして、自社ブランド「GranDuo」シリーズの企画、開発、販売を行っています。

また、中古一棟ビルリノベーションとして、新たに自社ブランド「GrandStory」を立ち上げて販売しています。

不動産マネジメント事業では、不動産オーナーが所有する不動産及び自社が所有する不動産の管理運営(プロパティ・マネジメント)を行っています。

フェイスネットワークIPOの業績

フェイスネットワークの業績

(※画像クリックで拡大)

フェイスネットワークIPOの業績は右肩上がりで伸びていて、今のところ好調そうですね。

フェイスネットワークのIPO評価

フェイスネットワークは日総工産との同時上場で、規模(吸収金額18.5億円)もそこそこあるため、需給面が良好とは言えません。

ただ、不動産投資系のIPOはこれまでまずまずの結果を残しており、業績も好調に推移していることから、一定の評価は得られそうです。

よって、フェイスネットワークのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。フェイスネットワークIPOは、全体的に地味ながら特に悪い点も見当たらないため、公開価格をしっかりと上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

フェイスネットワークIPOのその他情報はこちら

フェイスネットワークIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

フェイスネットワークIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ積極的に申し込むつもりです。主幹事の野村證券をはじめ、IPO抽選組に人気のSMBC日興証券SBI証券マネックス証券などにも申し込んで、少しでも当選確率をアップさせたいと考えています。

フェイスネットワークIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
岡三証券 BB参加
エース証券 口座なし
むさし証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
マネックス証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ