ファイバーゲート(9450)IPOの新規上場が承認されました。ファイバーゲートIPOは、3月23日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ファイバーゲートIPOは後ほどご紹介するキュービーネットホールディングスIPOとの同時上場になります。それにしても、今年はSMBC日興証券が主幹事を務めるIPOが多いですね。

ファイバーゲート

ファイバーゲート(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ファイバーゲート
コード9450
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)上光証券
みずほ証券
SBI証券
東洋証券
岡三証券
岡三オンライン証券
上場日3月23日
仮条件決定日3月6日(910円~1,050円に決定)
ブックビルディング期間3月7日から3月13日まで
公開価格決定日3月14日(1,050円に決定)
申込期間3月15日から3月20日まで
公募486,600株
売出し515,400株
OA150,300株
吸収金額10.5億円
時価総額42億円
想定価格910円→公開価格:1050円
初値価格2,338円


ファイバーゲートIPO主幹事のSMBC日興証券

ファイバーゲートIPOの概要

ファイバーゲートIPOは、マンションWi-Fi入居者無料サービス「FGBB」の構築、保守、運営、サポート、PB提供などを行っています。

また、ファイバーゲートIPOはフリーWi-Fiスポット「Wi-FiNex」の構築、保守、運営、サポート、PB提供も行っています。

ファイバーゲートIPOは、吸収金額が想定価格ベースで10.5億円と小さめで、想定価格も910円と手の出しやすい価格になっているため、それなりの人気を集めそうです。

wi-fiの整備は、東京オリンピックに向けて必須だと思うので、そういった点でも注目されるかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ファイバーゲートIPOのその他情報はこちら

注目の幹事証券

ファイバーゲートIPOで主幹事を務めているSMBC日興証券、神戸天然物化学IPOやSOU(ソウ)IPOでも主幹事を務めており、IPOに必須の証券会社です。


また、IPOチャレンジポイントでも当選が狙えるSBI証券も幹事団入りしています。


さらに、岡三証券も幹事団入りしているので、岡三オンライン証券の委託幹事入りも濃厚だと思います。←正式に決定しました!


当サイトでタイアップキャンペーンを実施中!

ファイバーゲートIPOの初値予想

ファイバーゲートIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月6日以降)に追記させていただきます。

2,400円 (想定価格比:+1,490円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,900円~2,200円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,100円~2,400円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング