ファイバーゲート(9450)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(3月7日)から開始されます。ファイバーゲートIPOは、キュービーネットホールディングスIPOとの同時上場ですが、小型(吸収金額10.5億円)なので資金分散の影響は小さいと思います。

また、ファイバーゲートIPOは想定価格(910円)も手頃なので、需給面だけ見ても人気化しそうですね。

ファイバーゲート

ファイバーゲート(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ファイバーゲート
コード9450
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)上光証券
みずほ証券
SBI証券
東洋証券
岡三証券
岡三オンライン証券
上場日3月23日
仮条件決定日3月6日(910円~1,050円に決定)
ブックビルディング期間3月7日から3月13日まで
公開価格決定日3月14日(1,050円に決定)
申込期間3月15日から3月20日まで
公募486,600株
売出し515,400株
OA150,300株
吸収金額10.5億円
時価総額42億円
想定価格910円→公開価格:1050円
初値価格2,338円


ファイバーゲートIPO主幹事のSMBC日興証券

ファイバーゲートIPOの事業内容

ファイバーゲートは、Wi-Fiソリューションの総合サービス企業として、レジデンスWi-Fi事業とフリーWi-Fi事業を展開しています。

レジデンスWi-Fi事業では、賃貸マンションやアパートのオーナー向けにマンションWi-Fi入居者無料サービス 「FGBB®」を提供しています。

フリーWi-Fi事業では、どの端末やキャリアでも無料でインターネットに接続できる環境を提供する「Wi-FiNex®」、訪日外国人専用Wi-Fiサービス 「SHINOBI Wi-Fi」、バスフリーWi-Fiサービス 「Wi-Fi BUS®」などのサービスも提供しています。

さらに、ファイバーゲートはホテル向けWi-Fi導入サービス法人向けネットワークサービスなども手掛けています。

ファイバーゲートIPOの業績

ファイバーゲートの業績

(※画像クリックで拡大)

ファイバーゲートIPOの業績は急激に伸びていて、今後の成長性も期待できそうです。

ファイバーゲートのIPO評価

ファイバーゲートは、インターネット関連の小型なマザーズIPOなので、初値高騰の条件は揃っています。また、Wi-Fi環境の整備は東京オリンピックに向けて必須という点も追い風になりそうです。

よって、ファイバーゲートのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。ファイバーゲートIPOは、キュービーネットホールディングスIPOとの同時上場という点を除けば、需給面は良好で事業内容もIPO向きなので、公開価格の2倍を超える初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ファイバーゲートIPOのその他情報はこちら

ファイバーゲートIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ファイバーゲートIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。主幹事のSMBC日興証券は当然ながら、SBI証券岡三オンライン証券など、ネットから申し込める幹事証券全てに申込んで、少しでも当選確率をアップさせたいと思います。

ファイバーゲートIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
上光証券 口座なし
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
岡三証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ