フュージョン(3977)IPOの配分数(割当数)が、正式に発表されています。フュージョンIPOは、当選枚数が極めて少なく希少性があるので、地方市場(札幌証券取引所アンビシャス)でも初値が跳ねそうです。

フュージョンIPOは、にほんブログ村でも評価が高めなので、かなり期待出来そうですね。

フュージョン

フュージョンIPOの過去記事

フュージョンIPOの初値予想

フュージョンIPOのBBスタンスとIPO評価

フュージョンIPOは、札幌証券取引所アンビシャスへの単独上場ですが、実施的には同日にマザーズ市場へ新規上場するユナイテッド&コレクティブIPOレノバIPOとの3社同時上場です。3社とも前評判は良いので、各々にどの位の初値が付くか楽しみですね。


にほんブログ村

フュージョンIPOのその他情報はこちら

フュージョンIPOの配分数(割当数)

フュージョンIPOのBB(ブックビルディング)は、本日(6日)からスタートします。フュージョンIPOに申し込まれる方は、各幹事証券の配分数(割当数)を参考にしながら、忘れずにBB(ブックビルディング)して下さい。

フュージョンIPOの配分数
幹事証券会社 配分数 配分比率 優先度
岡三証券 (主幹事) 100,800株 88% A
SBI証券 8,000株 5% B
上光証券 4,800株 3%
SMBCフレンド証券 3,200株 2%
エイチ・エス証券 3,200株 2%
合計 160,000株 100%

フュージョンIPOは、当選枚数が少ないうえに、主幹事の岡三証券が配分数(割当数)の88%を占めているので、何とかここで当選を引き当てたいですね。

また、岡三証券が主幹事なので、岡三オンライン証券が委託幹事になるかもと期待していましたが、もともと札幌市場(含アンビシャス)の銘柄を扱っていないので、どうやら無さそうですね。

平幹事での当選は難しそうですが、SBI証券は抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるので、必ず申し込むことをオススメします。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社