ジーニー(6562)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週の11月30日から始まります。ジーニーIPOは4社同時上場なので、資金分散の影響は避けられそうにありません。

ただ、ジーニーIPOは以前からIPO候補銘柄として注目されており、アドテクノロジー事業もIPO向きなので、それなりに人気化すると思います。

ジーニー

ジーニー(東証マザーズIPO)IPOの基本情報

銘柄名ジーニー
コード6562
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
大和証券
SMBC日興証券
いちよし証券
カブドットコム証券
上場日12月18日
仮条件決定日11月28日(1,220円~1,350円に決定)
ブックビルディング期間11月30日から12月6日まで
公開価格決定日12月7日(1,350円に決定)
申込期間12月8日から12月13日まで
公募1,023,000株
売出し285,000株
OA196,200株
吸収金額18.4億円
想定価格1,220円
初値価格2,674円

ジーニーIPOの事業内容

ジーニーは、「アドテクノロジーで世界を変える。」というミッションを掲げ、独自に開発したインターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP」を主軸にアドテクノロジー事業を展開しています。

また、ジーニーは「GenieeSSP」が持つ大量の広告配信データと顧客基盤を活かし、広告主向けの「GenieeDSP」、「GenieeDMP」といったアドソリューションのほか、マーケティングオートメーションツール「MAJIN」の提供を開始するなど、事業領域を拡大しています。

ジーニー(Geniee)の紹介動画

ジーニーIPOの業績

ジーニーの業績

(※画像クリックで拡大)

ジーニーIPOの売上は急激に伸びていますが、利益はまだ安定してないようです。

ジーニーのIPO評価

ジーニーは4社同時上場というだけでなく、規模(吸収金額18.4億円)がやや大きくて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多いところが気になります。

しかし、ジーニーは以前からIPO候補銘柄として注目されており、Googleに公式認定されたメディアソリューションパートナーであることや、ソフトバンクグループと資本業務提携していることなどからも関心を集めそうです。

よって、ジーニーのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。ジーニーIPOは、厳しい日程での新規上場になりますが、それでも公開価格をしっかりと上回る初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ジーニーIPOのその他情報はこちら

ジーニーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ジーニーIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。主幹事の野村證券はもちろんのこと、12月のIPOの大半を取扱っているSBI証券SMBC日興証券にも期待しています。

ジーニーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
大和証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
カブドットコム証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ