グローバルウェイ(3936)IPOが、明日(4月19日)東証マザーズ市場へ新規上場します。グローバルウェイIPOは、人気化必至と噂されている銘柄だけに、初日値付かずで翌日の即金規制入りも視野に入れた動きになりそうです。

グローバルウェイ

グローバルウェイIPOの上場直前初値予想

8,800円 (公募価格比:+5,840円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:5,700円~6,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:5,900円~6,800円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:6,800円)

※主幹事証券会社の引受価格:2,723.20円

グローバルウェイIPOの初値予想は、以前から掲載していた8,800円で据え置きたいと思います。明日の上限価格は6,810円なので、初日値付けずの翌日即金規制で初値を形成すると予想しています。

震災の影響による地合の悪化が唯一の懸念材料ですが、ほぼ最強のスペックで単独上場とスケジュールにも恵まれているため、1万円の大台に乗る可能性もあると思います。

また、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が見当たらない点も初値高騰に拍車をかけそうです。ただ、かなり高い初値が予想されるので、セカンダリーに参加する場合は注意が必要ですね。


にほんブログ村

グローバルウェイIPOのその他初値予想はこちら

グローバルウェイIPO初値決定前の気配運用

気配上限値段は、公募価格比2.3倍の6,810円で、更新値幅は150円で更新時間10分になります。

気配下限値段は、公募価格比0.75倍の2,220円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、740円以上で11,840円以下となります。


グローバルウェイIPOの幹事団にも名を連ねているSMBC日興証券では、対象者全員が3,000円貰える「ネットで口座開設キャンペーン」を実施中です。

SMBC日興証券は、通常のIPOだけでなく、リートIPOにもネットから申し込めるので、IPO投資には必須の証券会社です。

5月はIPOの新規上場が無さそうなので、この機会に口座を開設して、6月以降のIPOに備えることをオススメします。⇒(SMBC日興証券のIPOルールと詳細解説


↑SMBC日興証券の口座開設キャンペーン申込みはこちら↑


IPO・新規公開株 ブログランキングへ