グッドコムアセット(3475)IPOのBB(ブックビルディング)が、11月21日から(11月28日まで)スタートします。12月のIPOは、ここにきて続々と新規承認されており、一気にIPOラッシュの様相を呈してきました。

ただ、12月19日に新規上場するZMP(7316)IPO以外は、目を引く銘柄が少なく、グッドコムアセットIPOも少し物足りない印象です。

グッドコムアセット

グッドコムアセット(ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名グッドコムアセット
コード3475
主幹事証券野村証券
幹事証券SMBC日興証券
大和証券
SBI証券
エース証券
丸三証券
上場日12月8日
仮条件決定日11月18日(1,850円~1,950円に決定)
ブックビルディング期間11月21日から11月28日まで
公開価格決定日11月29日(1,950円に決定)
申込期間11月30日から12月5日まで
公募377,000株
売出し175,000株
OA82,800株
吸収金額11.7億円
想定価格1,850円


グッドコムアセットIPO幹事のSMBC日興証券

グッドコムアセットIPOの事業内容

グッドコムアセットは、個人投資家向けに自社ブランド「GENOVIA(ジェノヴィア)」シリーズの新築マンションを販売しています。

物件には、土地を仕入れて自社ブランドマンションを開発する物件(開発物件)と、マンション建設事業主から一棟を買い取り、自社ブランド使用に変更する物件(占有物件)があります。

自社ブランド「GENOVIA(ジェノヴィア)」シリーズは、「人と緑が共生するエコロジーの最大公約デザイン」をコンセプトにしており、壁面や屋上に緑化デザインを採用しながら、統一感を演出しています。

グッドコムアセットIPOの業績

グッドコムアセットの業績

(※画像クリックで拡大)

グッドコムアセットIPOの業績は、右肩上がりで堅調に推移していますね。

グッドコムアセットのIPO評価

グッドコムアセットIPOは、そこそこの規模(吸収金額11.7億円)なので、需給面での優位性は感じられません。

また、投資用マンション販売という事業内容は、全般的に一時の勢いが感じられず、IPO的にも微妙な印象です。

よって、グッドコムアセットのIPO評価はCが妥当だと考えています。グッドコムアセットIPOの初値は、公開価格を上回る可能性が高そうですが、多少の利益を得られる程度と予想しています。


にほんブログ村

グッドコムアセットIPOのその他情報はこちら

グッドコムアセットIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

グッドコムアセットIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただし、SBI証券だけは、IPOチャレンジポイント狙いで必ず参加します。

グッドコムアセットIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村証券 (主幹事) BB検討中
SMBC日興証券 BB検討中
大和証券 BB検討中
SBI証券 BB参加
エース証券 口座無し
丸三証券 BB検討中


SBI証券の公式サイト


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社