グッドコムアセット(3475)IPO幹事証券ごとの配分数(割当数)が確定しました。グッドコムアセットIPOは、当選枚数がそれほど多くないので、需給状況は悪くありません。

ただ、不動産業はIPOで人気になりにくく、規模(吸収金額11.7億円)もそこそこあるので、判断が難しいですね。

グッドコムアセット

グッドコムアセットIPOの関連記事

グッドコムアセットIPOの初値予想

グッドコムアセットIPOのBBスタンスとIPO評価

グッドコムアセットIPOは、にほんブログ村でも注目度が低いので、あえて参加する必要は無いと思います。ちなみに、私は多少のリスクを承知でBB(ブックビルディング)するつもりです。


にほんブログ村

グッドコムアセットIPOのその他情報はこちら

グッドコムアセットIPOのBB(ブックビルディング)は、昨日(21日)から開始されています。BB(ブックビルディング)される方は、各幹事証券の配分数(割当数)を参考にしながら、忘れずに手続きして下さい。

グッドコムアセットIPOの配分数

グッドコムアセットIPOの配分数
幹事証券会社 配分数 配分比率 優先度
野村証券 (主幹事) 497,000株 90% A
SMBC日興証券 16,500株 3% C
大和証券 16,500株 3% C
SBI証券 11,000株 2% B
エース証券 5,500株 1%
丸三証券 5,500株 1%
合計 552,000株 100%


グッドコムアセットIPO幹事のSBI証券

グッドコムアセットIPOは、主幹事の野村証券が配分数(割当数)の90%を占めており、当選枚数もあまり多くないので、ここで当選出来るかが鍵になります。

また、SBI証券はIPOチャレンジポイント狙いで、必ず申し込むことをオススメします。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社